季節の変わり目は、常に肝臓をいたわりましょう。

c93a53ace258af64282192de163828be
冬から夏の変わり目でもお伝えしておりますが、夏から冬への季節の変わり目、秋も同様です。

温度や環境などの変化は身体にとっとも大変なストレスです。

そのストレス等の影響を緩和してくれるのが肝臓。
だから、ストレスで疲れるのも肝臓、というわけです。

肝臓をいたわる方法は、油、刺激物(アルコール、辛い物、カフェインなど)、脂肪、砂糖などを多くとらない様にする事。

植物性繊維などを多くとり、血を浄化する事。

この2本立てが基本になると思います。

私がお勧めするのはドイツの友人に教えてもらった大根ジュース法です。
(大根は強いですから、体調に合わせて自己判断で行ってくださいね)

食後30分にコップ半分の大根ジュースを飲む。
yasai_daikon_10808-450x337
これだけなのですが、これがなかなか効きます。

大根ジュースはスロージューサが無ければ、おろしてから絞って作ります。
作り置きはダメなので、飲む直前に作ってください。

冬にならないと辛いですから、なるべく葉っぱに近い部分で作ってください。
(どうしても辛い場合はリンゴジュースなどで割ったりしてみてください)

そして10日飲んで10日お休みを1クールにして、2~3クール続けてみてください。

この食後30分と言うのがミソらしいのですが、どうしてかは不明です。
私は個人的に、食べ物が、胃から十二指腸位に落ちた時で、胃の中が空っぽではないし、一杯でもない時を狙い消化酵素との関係が~?などと考えています。

ま、この大根ジュースが面倒くさいという方は、ウコン、カンニョボ(福島の桑の葉に付く貝の様なでんでんむしの様な生き物ですが、すごく肝臓に良いらしいです)、シジミを飲むなど色々ご自分の身体に合うものを研究してみるといいと思います。

とにかく、食欲の秋ではありますが、暴飲暴食は少しが・ま・ん!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中