スクワットで効かせる筋肉はどれ?

今朝も女優の草笛光子さんが「毎日60回と言われているから頑張っているのよ。最後はコンチクショーって言いながらやってるわよ」と言われていました。
相変わらずお若いですよね~、うちの母と同じ年とは・・・さすが!
img_23471f19ef1c4dc4db2e3f220fc2cad3475643

残念ながらスクワットに関しては、回数だけのお話でしたからどのようにやられているかは分かりませんでした。

股関節の周りには22本の筋肉が有ります。

股関節は全動関節といい全方位に動く機能を持っています。

外転⇔内転
外旋⇔内旋
屈曲⇔伸展
この6方位、3軸の組み合わせで脚が動くわけです。
Leg muscle

そして、人はそれぞれ脚にも個性が有ります。
つまり、強い筋肉、弱い筋肉のバランスが一人一人違うのです。

ですから、みんな一緒の屈伸運動は本来おかしいと言わざるを得ません。

例えば私の場合ですが・・・

まず左右でも差があるのですが、左脚の外転が強く外旋少し、右脚はやや弱く外転そして内旋少し、と言うアンバランスが有ります。

ですから私のスクワットで行いたいのは・・
左脚の中臀筋、小殿筋、大腿筋膜腸筋、大臀筋を緩めて、拮抗する大内転筋、長内転筋、恥骨筋、薄筋、大腰筋、腸骨筋を鍛えることにより整え、右脚は左脚よりもやや負荷を減らして中臀筋、小殿筋、大腿筋膜腸筋、大臀筋を緩めバランスを回復させながら、脚を鍛えたいのです。

この様に書くと非常に難しい事をやるように思われるかもしれませんが、脚を置く位置と姿勢を気を付けるだけのスクワット1種類で行えるのです。

ですから、ただの健康法としてだけではなく、治療法としても体の歪みを取り除き、神経や血管の圧迫を取り除くことが出来るのです。

せっかく頑張って行うのに体を壊した、なんてことが無いようにしたいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中