山本キッド、神の子も逝く。 ご冥福を祈ります。

o0300040010213037271
デビューした時は、本当にキッドの強さにしびれました。
全身、これバネ、これ運動神経の塊!!

ふてぶてしくて、強い!
そんな山本さんもガンでお亡くなりになってしまいました。

樹木さんの記事を書いたばかりでなのですが、体の歪みと病気との関係を皆さんにご理解いただきたくて書いています。

山本さんぐらい足腰も強くて体力があっても、免疫力が追い付かないのは、その体に備わったポテンシャルが発揮できていないから、その理由の一つが体の歪みではないかと思うのです。

体の歪みは自律神経を圧迫し、臓器の機能に問題が生じますし、血流の阻害はイコール免疫力の低下となります。

山本さんがお亡くなりになったのは、胃がんとの事でした。

胃はストレス等の影響も受けやすい部位なので、体の歪みが病気の原因の総てと申し上げるつもりはありません。

しかし、私は臨床経験からまずい事を3つ以上重ねた時にまずい事が起きるという持論を持っています。

例えば、①体の歪み ②いい加減な食事 ③仕事のストレスこれで3つですよね。

人によっては、睡眠不足、喫煙、飲酒、等が関係している場合もあると思います。

このうち、ある程度年齢を重ねて、お医者さんに注意をされたり、家族にアドバイスされたり、軽い不調を感じて自分で少し生活を気を付けるようになったり、それなりにうまく自分と付き合っていても、急に起こる仕事のトラブルなど避けがたい事も起こってしまう事も有ります。

ですから、『体の歪み』は健康に非常に大きな影響があるにもかかわらず、自分でコントロール出来る部分なのですから、普段から自分の身体のクセを知り、矯正を行っていれば、多くの病気が未然に防げると思いますし、またすでに病気に罹患してしまった方でも、体の歪みを取り除くことを治療に加えるだけで、免疫力が全然違ってくると思います。

さて、ここで山本さんの身体のクセを見てみましょう。
20310d7b
この様に、右を前に構える事が多かったのではないでしょうか。
この構えから、左のキックを繰り出すのが得意だとすると、左の股関節が開いていたことが想像できます。
礒谷療法ではこの左股関節の開きから、消化器、泌尿器、生殖器にトラブルが起こり易いと臨床の統計で関連付けて考えています。
4c48bbdd
この写真ではあぐらをかいていますが、暗くてわかりずらいですが左脚が内側に入っています。
これは左脚が長い人に現れるあぐらのかき方になります。

スポーツや格闘技では、自分の得意なやり方などで体のクセを増大させてしまうリスクが常にあるのです。
そうした癖は、怪我や痛み、又はこうして自分の命にまで係わってくるのです。

特に『蹴り』は強力な武器ですが、股関節を開き過ぎる傾向が有るので注意が必要です。

ですから、自分の身体のクセを知り、それを修正するようにトレーニングするという事は病気にならないと言うだけではなく、パフォーマンスを上げる事にもつながることもあると思います。

ちなみに山本さんの場合でしたら、股関節を開くトレーニング以上に内転筋を鍛える、あぐらをかく時には左脚を外に組んで左に体重を乗せるように生活をする等が考えられました。

最後になりましたが、キッドさんのご冥福をお祈りいたします。

o0300040010213037271
When I debuted, I was really numb with the strength of Kid.
Whole body, this spring, this is a mass of motor nerves! !

Fresh and strong!
Mr. Yamamoto also died of cancer.

I just wrote an article by Mr. Tree, but I am writing to understand the relationship between the distortion of the body and the disease.

Distortion of the body squeezes the autonomic nerve, causing problems in the function of organs, inhibition of blood flow is a decrease in equality immunity.

Even though Mr. Yamamoto has strong legs and physical fitness, immunity does not catch up, I think that one of the reasons for this is distortion of the body because the potential of the body can not be demonstrated.

Mr. Yamamoto died of stomach cancer.

Since the stomach is susceptible to stress and other diseases, we do not intend to say that distortion of the body is all causes of disease.

However, I have the opinion that bad things will happen when I climb three or more things badly.

For example, ① body distortion ② somewhat diet ③ work stress This is three.

Depending on the person, I think that sleep deprivation, smoking, drinking, etc. may be involved.

Among them, a certain age of age, attention to the doctor, advised by the family, feeling a slight disorder, to become aware of a little life on their own, have been going out with themselves as it is Even things that can not be avoided such as troubles of work that happens suddenly also happen.

So, “distortion of the body” is a part that can be controlled by yourself despite the great influence on your health, so if you know from your usual habit of your body and correct it, many diseases I think that you can prevent it beforehand, even those who have already suffered from illness, I think that immunity will be completely different only by adding treatment to remove distortion of the body to treatment.

Well, here let’s see the habit of Mr. Yamamoto’s body.
20310d7b
Like this, it is likely that there were many things to keep right in front.
If you are good at paying out the left kick from this stance, you can imagine that the left hip joint was open.
In Isogai therapy, we consider this from the opening of the left hip joint by clinical statistics that trouble is likely to occur in digestive organs, urinary organs and reproductive organs.
4c48bbdd
In this picture, I am holding an agar, but it is dark and uncertain but the left leg is inside.
This will be the way Alkora scrapes the left leg appearing on a long person.

In sports and fighting sports, there is always a risk of increasing the habit of the body with his own good way.
Such a habit is involved in injuries and pain, or thus my own life.

Especially “kick” is a powerful weapon, but there is a tendency to open the hip joint too much so be careful.

So, knowing your own physical habit and training to correct it can be not only something that will not get sick, but also sometimes leads to increased performance.

By the way, in case of Mr. Yamamoto, it was thought to train the adductor reinforcement more than training to open the hip, to live so that you can lift your weight on the left by crossing the left legs when you cross the leg.

Last but not least, I pray for Mr. Kid’s soul.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中