意識的な生活による肉体改造!!

341
意識的な生活と言うと堅苦しいイメージが浮かびますが、初めは多少戸惑いが有るかもしれませんが、慣れてしまえば無意識で行えるようになります。

では、なぜ意識的な生活が必要なのでしょうか?

それは、生き物の動作はすべて筋肉により導かれてはじまります。

動き始めてしまえば慣性の法則であまり筋肉を使わなくても動きを継続する事は出来ますが、始まりは意識⇒神経の伝達⇒筋肉が動く、と言う順序で動作が起こるのです。

そして、この筋肉がくせ者なのです。

色々な条件により、強い筋肉、弱い筋肉の差が生じていますし、偏った動作により硬く縮んでしまった筋肉も有ります。

筋肉は今この瞬間に緩んでいて初めて、縮むことが出来て力を発揮できるので、硬くなって縮むことが出来ない筋肉が働かない事により、動きがスムーズで無くなったり、他の筋肉にその動きを肩代わりしてもらうために、上下の動きで行うべき動きに前後の動きが混ざってしまうことなどにより腰痛、膝痛が起きたりするのです。

動作の例としては、左脚から前に進む。

左脚を上に足を組む。

左脚から靴を履く。

食べ物を左の歯で噛む。

呼ばれたら右から振り返る。

この様に意識をしなければ、全ての動作のたびにこうした左右差が生じたままの状態で筋肉を使い続ける事になり、それがいわゆる体の歪みになって痛みや疾患の原因になるのです。

人間の動きの98%は無意識で行われているそうです。

ですから、その中で10%でも意識的に動ければ、体の状態はかなり違ってくることが期待できます。

そのためにはまず自分のクセを見つけてみましょう。

上に上げた例は、すべて左脚が長い人に起こり易い動作ですから、自分にはまるかどうか確認してみてください。

全く反対になる方は右脚が長い事が疑われます。

そして、その動作を全て反対に行おうと意識してみてください。
かなりやりずらいと感じると思います。

しかし、初めに申しあげたとおり、慣れですから、何回も繰り返しているうちに違和感なく出来るようになりますし、その動作をしないと、「おっ、またやってしまった」と気が付けるようになります。

当院に来られる患者様で千葉県からこの西荻窪の間の動作を全てパーフェクトに守っていると思うという強者もいらっしゃいます。

この方は変形性股関節症が有るので、ルールを守らないと痛いとご自分で感じるので、しっかりとご自分の為にルールを守られて健康に過ごされていらっしゃるのです。

ですから当院の矯正は、こうした筋肉のクセを取り除くことを中心に行い、こうした生活上の注意点をご説明して、硬い筋肉を柔らかく、弱い筋肉を鍛える体操などをご指導させていただくので根本から、今までどんな治療でも効果の上がらなかった疾患や不調さえ根治する事が出来るのです。

341
A conscious life is said to be a stiff image, but at the beginning there may be some confusion, but once you become accustomed you will be able to do it unconsciously.

So, why do we need a conscious life?

It begins with the movement of all living being guided by the muscles.

If it starts to move, movement can be continued without using much muscle by the law of inertia, but at the beginning the action occurs in the order that consciousness ⇒ nerve transmission ⇒ movement of muscles.

And this muscle is a hindrance.

Due to various conditions, strong muscles, weak muscle differences are occurring, and some muscles have contracted hard due to biased motion.

Since the muscles are now loose at this moment, they can shrink and exert their power, so that the muscles that are hard and can not shrink do not work so that the movements are smooth and disappear, or that movement to other muscles Back pain and knee pain may occur due to mixing of forward and backward movements with movements to be performed by up and down movements in order to have them take over.

As an example of action, move forward from the left leg.

I put my legs on the left leg.

I wear shoes from my left leg.

Bite the food with the left teeth.

Look back from the right when called.

If you do not keep your conscious like this, you will continue to use the muscles with these left and right differences occurring every time everything moves, which becomes so-called body distortion causing pain and disease is.

It seems that 98% of human movements are performed unconsciously.

So, if you move consciously even in 10% of them, you can expect that the state of your body will change considerably.

For that, first find your own habit.

In the example raised above, it is easy to happen to people with long left legs, so please check to see if you fit in yourself.

One who is totally reversed is suspected of having a long right leg.

And please be conscious of trying to reverse all its actions.
I think that it feels quite frustrating.

However, as I told you earlier, I am used to it, so I will be able to do without discomfort while repeating it many times, and if I do not do that, I will become aware that “Oh, I did it again” .

There is a strong man who thinks that patients who come to our hospital are protecting everything from Chiba Prefecture to this mushrooms perfectly.

This person has hip osteoarthritis, so you feel that it hurts if you do not follow the rules, so you are being well-protected by your rules for yourself.

Therefore, the correction of our hospital mainly focuses on removing such habit of muscle, explaining these precautions on living, teaching gymnastics and others to train hard muscles soft and weak muscles, so the fundamental It is possible to curb even diseases and malfunctions that have not been effective in any treatment until now.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中