悪い姿勢が良くないわけ!…子供にこそいい姿勢を!!

ダウンロード (2)
暑いですね~。

先日来ご紹介している『スタンフォード式 疲れない体』にもありましたが、疲れない身体にする為にはいいし姿勢が必須であり、いい姿勢は勉強にも良い影響すると書いてありました。

これは何も今に始まった話ではないのですが、やはりスタンフォードでも勉強できる人は姿勢が良い、と聞くと「うん、うん」とうなずいてしまいますね。

ではなぜ、悪い姿勢は悪いのか?

さらに、その前にそもそも悪い姿勢とはどういうものなのでしょう?

私が考える悪い姿勢とは『筋肉に無駄な緊張があることにより血流がわるかったり、神経の圧迫が有る状態の姿勢』と定義づけています。

ですから、脳に行く血流が悪ければ脳の働きも鈍るわけですよね。

筋肉に無駄な緊張が有るという状態は、物理的に重力に対して抵抗する力が大きい、物理的に無理・無駄が有るという事です。

そして、この重力が大変重要なのですが、悪い姿勢で過ごすという事は、悪い姿勢を作る筋肉を鍛えていることになってしまいます。

悪い姿勢でスマホをいじっている⇒悪い姿勢を作る筋肉を鍛えている⇒悪い姿勢が楽に感じる⇒ますます悪い姿勢になってしまい、いい姿勢がきつくなる。

こうした負のスパイラルにドンドンはまるわけです。

そして、この無駄な筋肉の緊張は血流を阻害して、神経や臓器を圧迫するから悪い、と言うわけです。

私の経験では、小学校の高学年になると、こうした良い姿勢のクセ付けはダンダン難しくなります。

出来れば、小学校の低学年のうちに、こうした習慣作りを親子で取り組む事が出来れば理想的だと思います。

また、もっと大きくなったお子さんでも、すでに体調不良を感じて問題意識を持っている子や、スポーツ、勉強のパフォーマンスを上げたいという気持ちが有れば、きっと習慣の作り変えに成功すると思います。

夏休みの間に、是非良い姿勢つくりに取り組んでみませんか?

正しい椅子の選び方、座り方、歩き方、立ち方、お作法にもつながりますし、一生の財産になりますよ!!

Download (2)
It is hot, is not it ~?

There was also “Stamford type exhausted body” that I introduced to you the other day, but I said that it is OK to make it a body that does not get tired, the posture is essential, and a good attitude was said to have a good impact on study.

This is not a story that began at this moment, but I still nod to say “Yeah, yeah” when I heard that people who can study even in Stanford have a good attitude.

So why are bad postures bad?

Furthermore, what is a bad posture in the first place before that?

The bad posture I think is defined as “posture of a situation in which blood flow is overwhelmed due to unnecessary tension in the muscles, nerve compression is present”.

So, if the blood flow to the brain is bad, the brain’s work will become dull.

The state that there is useless tension in the muscles is that the power physically resisting gravity is great, there is physically impossible / useless.

And this gravity is very important, but having a bad posture means you are training your muscles to make a bad posture.

It is messy with a smartphone with a bad posture ⇒ It is training a muscle to make a bad posture ⇒ It feels easy for a bad posture ⇒ It becomes increasingly bad posture and a good posture becomes tight.

Don Don will be in such a negative spiral.

And this wasteful muscle tension is bad because it inhibits the blood flow and squeezes the nerves and organs.

In my experience, when it comes to elementary school grade, this kind of good attitude is hard to get dandy difficult.

If possible, I think that it would be ideal if we could tackle these habits with parents in the lower grades of elementary school.

Also, even children who got bigger, I think that it will surely succeed in making habits if they feel that they are already feeling sick and have a problem consciousness, or that they want to raise the performance of sports and study.

Why do not you try working on making a good attitude during summer vacation?

It also leads to how to choose the right chair, how to sit, how to walk, how to stand up, how to operate it, it will be a lifetime asset! !

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中