腹痛には、体を左に捻じる救命法。

ダウンロード (1)
先日、出先で下の娘が腹痛を起こしました。
便秘もしていないと言いいますし、痛み自体もそれほど強いものではないので、公園のベンチに腰かけていましたので、体を左にぐいっと捻じりました。

背骨がパキ、パキッとなってすぐに痛みが軽減しましたので、しばらく左下を向くように左の股関節に圧を入れさせていると、しばらくして痛みは消失しました。

これは「礒谷式力学療法の救急救命法」と言うテクニックです。

私のブログに、礒谷先生が右の股関節を開くとモデルさんに不整脈が起こり、右にこの救急救命法を行うと、ピタッと不整脈の波形が心電図から消えるという動画を紹介していますが、これが礒谷先生が発見された、重力下での体の力学的不均衡の理論の証明の一つであると思います。

つまり、色々な表現が出来るのですが、左の股関節が開く=左脚に骨盤が乗っていない=左脚に体重が乗りづらい=左骨盤が高位になる、そしてその歪みにより背骨が右に弯曲を起こすと消化器、泌尿器、生殖器にトラブルが起こる。

反対に右脚の股関節が開くと背骨は左に湾曲して、循環器、呼吸器にトラブルが起こるという理論です。

ですから礒谷療法はその股関節の転位を根本的に治すために、矯正を受けていただき正常な股関節の角度のクセ付けを行い、それがずれないように日常生活のルールを守り、体操で筋肉の不均衡を治すという事を繰り返し行うわけですが、緊急事態の場合はこの救命法で背骨を逆に捻じり自律神経の圧迫を瞬時に取り除くことにより痛みや、トラブルに対処するのです。

私の今までの経験で著効を感じたのは、腹痛、生理痛、腰痛、頭痛等の痛み系、あとは喘息の発作、風邪の咳などにも効果を感じます。

体の歪みを治すのには、やはり理論が必要だと思います。

とことん、原因を追究すると殆どこの理論で皆さん納得できると思いますよ。

※もちろん緊急で病院での処置が必要なケースもありますので、自己責任でご判断、お試しください。

Download (1)
The other day my daughter in the office caused a stomachache.
I say that I do not have constipation, and because the pain itself is not so strong, I was sitting on the park bench, so I twisted my body to the left.

Pain quickly became painful as the spine became paki, it became painful, so let the pressure on the left hip joint so as to point to the lower left for a while, the pain disappeared after a while.

This is a technique called “Emergency and life saving method of Isogai formula mechanic therapy”.

In my blog, Dr. Isogai opened his right hip joint, arrhythmia arises in the model, and when I do this emergency life saving law on the right, I introduce a moving image that the waveform of the arrhythmia disappears from the electrocardiogram, I think this is one of the proofs of the theory of the physical imbalance of the body under gravity that Professor Isogai was discovered.

That is, although various expressions can be made, the left hip joint opens = the pelvis does not ride on the left leg = the weight on the left leg is hard to get on = the left pelvis becomes high, and the distortion causes the spine to curve to the right Troubles occur in digestive organs, urological and reproductive organs.

On the contrary, when the hip joint of the right leg opens, the spine curves to the left, causing troubles in the circulatory organ and respiratory system.

Therefore, in order to fundamentally cure the dislocation of the hip joints, Isogai therapy is to correct it, perform habit of the angle of the normal hip joint, keep the rule of daily life so that it does not shift, and exercise muscle In the case of an emergency situation, in the case of an emergency situation, by twisting the spinal column in the opposite direction by twisting the spinal column instantaneously, it copes with pain and trouble in an emergency situation.

I feel that it is effective also in pain of abdominal pain, menstrual pain, low back pain, headache, etc., asthma attacks, cough of cold, etc. that I felt remarkable in my previous experience.

I think that theory is still necessary to cure the distortion of the body.

When you study the cause, I think most of you can convince you with this theory.

* Of course, there are cases that require emergency treatment at the hospital, so please judge at your own risk and try.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中