腹圧呼吸・IAP呼吸と丹田腹の関係?

前回も取り上げました『スタンフォード式 疲れない体』に呼吸法が紹介されていると書きましたが、詳しいやり方やトレーニング法は本を読んでいただくとして、その中身は腹圧を高める『腹圧呼吸』と言うものでした。

私もここ1週間位毎日、トレーニングをして少し呼吸が深くなってきたような感じがしています。

この腹圧呼吸=IAP呼吸は(Intra Abdominal Pressure 腹腔内圧 要は内臓が収まっている横隔膜から下の空間の中の圧力を高めましょうと言う呼吸)、

横隔膜の動きを良くして呼吸が深くなることで酸素を大量に取り込める、姿勢も良くなり体幹が安定し、この2点の効果として疲れずらい体を手に入れると説明されていましたが、もしかするとこの腹圧呼吸とは、日本の武道の達人などに見られる丹田腹と共通するのではないかなと言う考えが、その見た目から浮かびました。

私が真っ先に思い出す丹田腹は肥田式強健術の肥田先生です。
fcc632c7d97645905a4c4627ec43dc3b-400x587

また、品が有る風格の双葉山関!
20131016023743359

ずいぶん昔に太極拳の師匠に、「丹田は力が出てくるところなんだから、力を込める所ではない」と説明を受けていますが、まさにこの二人は力が入っているようには見えません。

そして、下半身に重心がずどんと落ちていて体に安定感を感じますよね。

もし、この丹田腹と腹圧呼吸が関係しているとしたら、また一つ日本の古来からの技術・英知が最新科学で証明されたことになるのではないかと思うと、楽しくなります。

この腹圧呼吸法は、当院の施術と体操とも相性が良さそうなので、私も研究して患者様にお伝えしてい甲と思っています。
特に、腰の力を入れて反ってしまう癖のある方には有効な方法だと思います。

良い呼吸を手に入れて、疲れない体を手に入れましょう!!

I wrote that the breathing method was introduced in the “Stamford-type tired body” that I took up last time, but as you read detailed books and training method books, their contents increase abdominal pressure “belly pressure breathing It was what I said.

I also feel that it has gotten deeper a little after training for about a week or so every day.

This abdominal pressure respiration = IAP breathing (Intra Abdominal Pressure intraperitoneal pressure essentially means respiration to raise the pressure in the space below the diaphragm where the viscera is contained), the movement of the diaphragm is improved and the breathing becomes deep I was able to take in a large amount of oxygen, posture improved and the body trunk became stable, I explained that these two points of effect are getting tired body as it is, but perhaps it is Japan The idea that it seems to be common with Tanden belly seen in martial arts master of martial arts came out from its appearance.

Tanden I remember first, Mr. Hida of Hyda-style robotics.
fcc632c7d97645905a4c4627ec43dc3b - 400x587

Also, FutabaYama-Zeki of the style with goods!
20131016023743359

A long time ago to the master of Tai Chi, “Tanden is a place where power comes out, so it is not a place to put in power”, but these two people seem to have power indeed not.

And the center of gravity falls on the lower body and it feels a sense of stability on the body.

If this Taneda belly and abdominal pressure breathing are involved, it will be fun if you think that the technology and wisdom from one ancient Japanese may have been proved in the latest science.

This abdominal pressure breathing method seems to be compatible with our procedure and gymnastics, so I will also study and tell the patient about it.
Especially, I think that it is a valid method for those who have a habit of putting back power and warping.

Let’s get a good breath and get a tired body! !

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中