温冷浴…スタンフォードでも! 熱中症対策にも。

gatag-00012683
皆様、暑中お見舞い申し上げます。
ひどい暑さが続いていますね。
私は、今年も暑さをなめてしまい、家庭菜園で一瞬気分が悪くなってしまいました。
朝8時頃から畑に行ったのですが、ご実家が農家の方に「8時、9時は今は朝じゃないのよ。 5時スタートして8時には終わらなくちゃ」と教えていただき、さっそく昨日は試してみて快適に作業が出来ました。

皆様もどうぞ、ご自愛ください。

さて、前回『スタンフォード式 疲れない体』を紹介させていただきましたが、その中に温冷浴が紹介されていたので、うれしくなりました。

温冷浴は、このブログでも何回も紹介させていただいていますが、西式健康法の保険法の一つとして私は知りましたが、西先生はその著書の中で「温冷浴は古くからおこなわれている保健法である。 お釈迦様が誕生された時に雄龍と雌龍が清浄なる温水、冷水を交互にお釈迦様の身体に注いだ、と記述が有る」と言われています。

それが、スタンフォードの最新運動理論として証明される、と言う事がすごい事だなと感心しました。

西式では、その効能を『酸と塩基の平衡を保つため、皮膚の鍛錬、自律神経の拮抗状態を作る為』として、その行い方も細かく解説しています。

スタンフォード式では、『血流が良くなる、自律神経のバランスが整うので疲労回復に効果が高い』と紹介していますから、ほぼ同様の効果をうたっています。

ですから、効果は身体の機能を上げる、回復する、と考えていいわけです。

そこで、この暑さによる熱中症に話は戻るのですが・・・。
熱中症

熱中症とは、暑さによる脱水による体温上昇、血流悪化、臓器不全を指しますが、水分を採りましょう、日中は外に出ないで~度の環境にしましょう、と言う注意は良く耳にするのですが、体の自己恒常性、つまり体温等の代謝を常に一定に保とうとする働きが低下している事にも目を向けなくてはいけません。

体が正常に働いてくれるためには、水分が有ればいいわけではありません。

もちろん水分も大事な一因子ですが、同様に睡眠をしっかりとる、栄養のバランスのいい食事を心がける、体を冷やしすぎない、適度な運動をする、深い呼吸をする、こうした総てがバランスよく行われていることにより体はきちんと働いてくれるのです。

ですから、この温冷浴なども自律神経のバランスを整えてくれるいい方法の一つだと思います。

実際、私などは気持ちが良いので、やらずにはいられない、と言う感じになっています。

尚、西式では持病等に合わせて細かい注意をしていますので、ご注意して自己責任でお取組みください。

また、当院では暑い日でも涼しいお部屋で出来る簡単で体を整える効果の高い有酸素運動の方法、眠りが深くなる方法などを合わせて身体の本来の力を取り戻す治療法を提供しております。

気候条件、環境が変わっても元気で動ける体を手に入れましょう。

gatag - 00012683
Everyone, I wish to express my condolences in the hot weather.
The terrible heat has continued.
I licked the heat this year and I felt bad for a moment in my home garden.
I went to the field from around 8 o’clock in the morning, but my parents asked the farmers “at 8 o’clock and 9 o’clock in the morning it is not in the morning. Please start at 5 o’clock and have to finish at 8 o’clock” As soon as I tried yesterday, I was able to work comfortably.

Everyone please, please take care of yourself.

Well, last time I introduced “Stamford-type tired body” but I was glad that a thermal bath was introduced in that.

Although hot water baths have been introduced many times in this blog, I knew as one of the insurance laws of the Western Health Law, but Professor Nishi said in his book, “The thermal bath is old It is said that there are descriptions that the female dragon and female dragon pour the clean hot water and cold water alternately to the Buddha’s body when Buddha was born. ”

I was impressed that it is great to say that it is proved as the latest movement theory of Stanford.

In the western style, its efficacy is described in detail as “to keep equilibrium between acid and base, to train the skin, to create an antagonistic state of autonomic nerve”.

In the Stanford formula, “Since blood flow improves, balance is autonomic nervous, so it is highly effective in restoring fatigue”, so we are sending almost similar effects.

Therefore, it is good to think that the effect raises the function of the body, it recovers.

So, I will return to the heat stroke caused by this heat ….
heatstroke

Heat stroke is an increase in body temperature due to dehydration due to heat, a deterioration in blood flow, and an organ failure, but let’s take moisture, let’s not let go out of the day, let’s notice that I often hear it, but I also have to look at the self-homeostatisation of the body, that is, the work that keeps constant the metabolism such as body temperature is decreasing.

In order for the body to work properly, it does not mean that there is moisture.

Of course, moisture is also an important factor, but I also like to keep sleep firmly, keep a balanced diet of nutrition, do not overcool your body, do moderate exercise, deep breathing, all these well balanced By being told, the body works properly.

Therefore, I think that this hot and cold bath is also one of the good ways of balancing autonomic nerves.

Actually, for example, I feel comfortable, so it makes me feel like I’m doing it well.

In addition, we are paying close attention to Western diseases and other diseases, so please be aware of themselves at your own risk.

In addition, our hospital offers a treatment method to restore the original body power of the body together with a method of aerobic exercise which is easy and can be done in a cool room even on a hot day, a highly effective aerobic exercise method, a method of deepening sleep and so on .

Let’s get a body that can move cheerfully even if climatic conditions, environment change.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中