健康に暮らすために必要な一日の歩数?・・・

gatag-000053622
手軽にできる健康法としてウォーキングは非常に取り組む方が多いと思います。

そこで多くの方が問題にされるのが『一日の歩数』ではないでしょうか?

歩数計で「今日は7000歩歩いた」、「今日は雨で出かけないから3000歩しか歩いていない」確かに数字は一目瞭然でガイドにし易いので、気にかける事は多くなると思います。

ネットを見ても、1日8000歩が良い。
1日10000歩が良い。 
又は、健康のたまには歩かない方が良い。

色々な意見は飛び交い、どれが正しいのか判断するのが難しい状況ではないでしょうか?

その方の年齢、筋肉の強さ、痛みの有無、既往症、季節、条件がいろいろ考えられますよね。

特にヨガ、自彊術、真向法、ストレッチ等で特に股関節周りを柔軟にしている方は、それに見合うだけの筋量が必要になりますから、たくさん歩いたほうがいいと思います。

後、体重の多い方も、やはり自重を支えるのに筋肉はより必要になりますから、歩いたほうがいいのですが・・・。

ちなみに、江戸時代には人々がどれぐらい歩いたのか?

ネットで「東海道への誘い」と言うページを見てみると、1日32~40キロ位は健脚な人なら歩いたそうです。
publicdomainq-0013941uih

という事は1歩が60㎝で32キロとすると53000歩!!

これは、いつも毎日歩いたという距離ではありませんが、これぐらいは歩けた、という事ですよね。

現代人は、やはり生活が便利になり、筋肉自体は弱くなっているのだと改めて思い知らされます。

で、私が何を言いたいかと言うと「歩数を気にするよりも、まずは正しく歩く事を考えましょう」という事です。

そして、正しく歩けていれば、毎日歩けて距離、歩数もどんどん伸びてくるであろうという事です。

はじめから歩数を気にして、正しくないフォームで無理して長く歩いたら、どこかが痛くなったり、調子が悪くなって続ける事が出来なくなると思います。

ですから、歩いて、痛み、不調を感じたら歩き方を修正しましょう。

痛み、不調は歩く距離よりその歩き方が問題の事の方が圧倒的に多いと思います。

歩き方が悪くて起こる痛み、不調の代表的なものは、膝痛、股関節痛、外反母趾、巻き爪、モルトン氏病、腸脛靭帯炎、坐骨神経痛、腰痛・・・などなど

そして無理なく、楽しくたくさん歩ければ最高ではないでしょうか?

gatag - 000053622
I think that there are many people who work very hard as a healthy method that can be easily done.

So is not it “the number of steps per day” that many people make a problem?

I walked 7000 steps today “in pedometer,” I walk only 3000 steps because it will not go out because it rains. “Since numbers are clearly easy to guide and guides, I think that you care a lot.

Even if you look at the net, 8000 steps a day is better. A good 10000 steps per day. Or you should not walk on a health occasion.

It is difficult to judge which opinions are different and which ones are correct.

Their age, strength of muscles, presence of pain, past illness, season, conditions can be considered variously.

Also, especially those who flexibly around the hip joint, especially in yoga, jiyangzhou technique, straight way, stretch etc., we need enough wildfishing areas to suit it, so we think that it is better to walk a lot.

Afterwards, even those with a lot of weight also need more muscle to support their own weight.

How long have people walked in the Edo period?

Looking at the page of “Invitation to Tokaido” on the net, 1 It seems that walking was good for people who were healthy, 32 to 40 kilometers a day.

To say that one step is 60 cm and 32 kilometers, 53 thousand steps! !

This is not the distance that I walked every day all the time, but it means that I could walk like this.

Contemporary people again realize that life becomes convenient and the muscles themselves are weakening.

So, what I want to say is “Let’s first think about walking properly rather than worrying about the number of steps.”

And if you do it properly, you can walk every day and the distance and the number of steps will grow steadily.

Worrying about the number of steps from the start, if you forcibly walk long for an incorrect form, will not it be somewhere painful or it will not be able to keep on going wrong?

So, if you feel walking, pain, upset, let ‘s fix how to walk.

I think the pain, incongruity is overwhelmingly more problematic than walking distance.

Representative examples of pain and discomfort caused by poor walking are knee pain, hip joint pain, hallux hallux, rolled nail, Molton’s disease, ileal tendonitis, sciatica, back pain … etc

And reasonable, fun If you walk a lot, is not it the best?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中