姿勢が病気、痛みの原因!!

先日、国立科学博物館の人体展を見てきました。
大変な人ごみで、こんなにも多くの人が体への興味を持っているんだな~と思いました。
(ダ・ヴィンチの人体のデッサンなど貴重な資料も見れ楽しい展覧会でした)

さて、本題の姿勢の問題です。
腰痛も肩こりも外傷やウィルス性のものでなければ、その原因は全て姿勢に問題が有ります。

それは、それだけ人の身体に与える重力の影響は大きいという事なのです。
ニュートン

背中を丸めて過ごしていると、背中を丸める筋トレをしている事になるのです。
ですから、背中を丸めて座っている事は、さらにどんどん背中を丸くしてしまいます。
悪い姿勢

反対に、良い姿勢で過ごすという事は、いい姿勢を作る筋トレをしているという事になるのです。

ところで人間の背骨は、その必要性から生理湾曲と言う湾曲が有ります。
6a00d8341bfbdf53ef00e54f5065268834-640wi

お尻は後ろ、腰椎は前、胸椎は後ろ、首の骨は前、後頭部は後ろ、となっていますが、これにより衝撃から大脳を守り、柔らかい機能的な動きが出来るのです。

しかし、昨今学校や家庭でもあまり姿勢をうるさく言わなくなっているように思いますが皆様いかがでしょうか?

やはり、ゲーム、スマホ、PCの普及等も影響して、悪い姿勢が一般化してしまっているのではないでしょうか?

しかし、若い時は筋肉に柔軟性も有るし、新陳代謝であまり疲労や痛みも感じずに過ごせてしまうので、本人に自覚が無いのが厄介なんです。

姿勢が悪くなり、初めに起こる問題は、筋肉的な張り、とかコリとか言われるような状態です。

学生時代は「PC操作していると、首が疲れるな~」ぐらいの黄色信号だったのが・・・・

社会人になり仕事の時間も長くなる=悪い姿勢でいる時間が長い=「慢性的に腰痛、肩こり、そして頭痛がする~」の赤信号

壮年期も少し過ぎるころには成人病、慢性病と進んでしまいかねません。

なぜならば、姿勢の悪さ=筋肉の偏った緊張=血管の圧迫=血流阻害だけではなく、姿勢の悪さ=背骨の弯曲の不正=背骨から出ている神経の圧迫も同時に起こるからです。

私は、何でも3つ重なると大きな問題になると考えていますが、大病する危険が有る時とは?

仕事でストレスが大きい・・1つめ

ストレスから暴飲暴食をしてしまうor時間が無くて睡眠不足・・・2つめ

姿勢が悪く血流が悪い・・・・3つめ

ドカーン!

どうですか、1つ目、2つめなど頻繁にありませんか?

そして、1,2から、頭痛が起きていて痛み止めを飲んでいる、ストレスで眠れなくて睡眠不足、時間が無くて運動不足・・などが重なれば、問題が起こらない方がラッキー的な状態になりかねません。

たかが姿勢と考えずに、若い時から姿勢に問題意識を持ちましょう!

そして、多くの病気や痛みで悩んでいる方、是非現在の治療とプラスして姿勢の問題にも取り組んでください。

The other day, I saw the human body exhibition of the National Science Museum .
With a crowded crowd, I found that many people are interested in the body.
Valuable materials such as Da Vinci’s drawings of the human body were also seen and it was a fun exhibition.

Well, it is a question of the attitude of the subject.
If both back pain and stiff shoulders are not trauma or viral, the cause is all in pose.

That means that the influence of gravity on the human body is great.

If you are curling your back, you will be doing train muscle to round your back, so your back becomes more and more rounded.

Conversely, having a good attitude means that you are doing a muscle training that creates a good attitude.

By the way, the human spine has curvature called physiological curvature due to its necessity.
6a00d8341bfbdf53ef00e54f5065268834-640wi

The buttocks are behind, the lumbar spine is front, the thoracic spine is behind, the bone of the neck is front and the back of the head is behind, but this will protect the cerebrum from shock and soft functional movements.

However, I think that I am losing sort of attitude in school and home now too much, but how about everyone?

As expected, the spread of games, smartphones, PCs, etc. have also influenced, and bad posture has become generalized?

However, when person is young, he have flexibility in my muscles and I am able to spend without feeling fatigue and pain too much with metabolism, so it is troublesome that he do not have consciousness on his own.

The posture gets worse, the problem that happens at the beginning is like muscle tightness, or state like being called korei.

In my school days, it was a yellow signal of about “Neck does not get tired when PC operation” · · ·

Become a member of society and work time will be longer = time with a bad posture = long red light = “Chronically low back pain, stiff shoulder stiffness, headache” ~ red light

When it is too early in the adolescence season, it can lead to adult diseases and chronic diseases.

Because poor posture = muscle biased tension = blood vessel pressure = not only blood flow inhibition but poor posture = wrong spine curvature = compression of the nerve emanating from the spine It happens at the same time.

I believe that if you overlap everything three, it will be a big problem, but when is there a risk of major illness?

Stress is so big at work · First

I’m going to eat bastards from stress or lack of time or lack of sleep · · · 2nd

Bad posture and poor blood flow · · · 3rd

Dawn!

How about you, such as first, second, etc. frequently?

And, from 1 and 2, it is lucky if the problem does not occur if headaches are occurring, drinking pain stops, sleep deprived due to stress, lack of time, lack of time, etc. overlap It may be in a state.

Let’s have a problem conscious attitude from a young age without considering it as an attitude!

And if you are suffering from many diseases and pain, please do also address the problem of posture plus the current treatment by all means.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中