寝る時の注意!…畳のへりの話。

朝、目覚めた時に「あ~、良く寝た」と目覚めていますか?

朝の目覚めが、今一つと言う方は、こんなチェック、改善もしてみてください。
(例えば、ベットで寝ている方でも寝具の下に物が有ったりすれば同じことですからね)

寝具、お布団については、今までに何回も書いてきましたが、よく言われるようにせんべい布団が体に一番いいのです。

それは、どうしても2足直立の状態だと、脊柱が丸まったり、反ったりしてしまう負担を、硬い寝具で真っ直ぐになる事で取り除いてくれるからです。

今回は、この寝方について、礒谷公良先生の本を読み返していて、忘れてしまっていた事が有りました。

それは、和室に寝る場合の『畳のへり』の事です。
畳

畳にはその長い辺に布が巻いてある場所、畳縁が有りますが、これは畳の表の角が痛まない様についているので、写真でもわかる様に厚みが多少あります。

ですから寝ている時に、特にせんべい布団の様に薄い寝具の場合はその厚みが毎日同じ場所鵜で寝ている間に体の歪みになってしまうのです。

極端に言えば、体の頭から足までの右側にこのヘリが来ていると、身体の右半分が持ち上げられた状態になってしまいますよね。
畳傾き

そうすると、常に身体が左に向くという事になりますから、体重は左にかかります。
もし、そのような状態で右脚が長い人が毎晩就寝していると、体の歪みは増大して心臓や呼吸器に問題が起こりかねません。

もしかすると、朝目覚めた時のだるさはそうした、就寝中の寝姿が原因かもしれないのです。

以前、なかなか症状が改善しない患者さんがいらっしゃって、いろいろお話をしていると、寝室が傾いている、と言うビックリのお話に行きついた事が有ります。
いくら、日常生活で身体が歪まないように紐結びで寝ても、せんべい布団で寝ても、寝具が傾いていれば当然影響受けてしまいます。

ですから、もしどうしてもどこかで畳のへりが寝る場所に絡んでしまうなら、体に対して横にヘリが来るように調整してみてください。

DSC_0215

股関節的にはいい寝方ではありませんが(>_<)ヘリと身体が直角になる様に、出来ればヘリがおへその下に来るようにすると尚良いですね。

Bedding and futon, I wrote it many times so far, but the sheepskin is the best for my body as it is often said.

However, when reading the book of Professor Kazuyoshi Ushidani, I had forgotten.

That’s what “tatami mats” when sleeping in a Japanese style room. <! – more ->
tatami

There is a place where cloth is wrapped around the long side of the tatami mat, there is a tatami rim, but this is attached so that the horn of the tatami mat does not hurt so there are some thickness as you can see in the photograph.

So when you are sleeping, especially in the case of thin bedding like a snack, the thickness will be distorted while the sleeping in the same place every day in the cormorant.

To put it in extreme, if this helicopter comes to the right side of the body from the head to the foot, the right half of the body will be lifted.
tatami slope

Doing so means that your body will always face to the left, so your weight will be on the left.
If a person with a long right leg is going to bed asleep every night in such a situation, there is a problem with the heart and respiratory system.

Perhaps, the bedridden during sleeping may be due to the slackness when waking up in the morning.

Previously, there were patients who had difficulty improving their symptoms, and as I was talking about various things, I had a story of surprises saying that the bedroom was tilted.
Even if you do your best not to distort your body in daily life, you will naturally be affected if you are sleeping on a rice cracket, if the floor is tilted.

So, if you really get involved in the place where the tatami matches sleep somewhere, please try to adjust so that a helicopter comes next to the body.

 DSC_0215 Hip jointly is not a good sleeping way (> _ <) so that the body is perpendicular to the helicopter, It would be even better to let the heli come under the belly button. [/ caption]

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中