力を込めていい姿勢? ②

 

どうすればいい姿勢が作れるかの続きのスタートでございます。

まず間違えてはいけない事は、骨盤が後傾しているから悪い姿勢になるのに、骨盤を無視して背中の筋肉で背筋を伸ばそうとする事です。

P10107022

骨盤が後傾している状態。 前後の重さのバランスを取るために背中が丸くなる、ザ・猫背!!

1

胸を張って、腰を伸ばして良い姿勢!! いえいえ、骨盤はかえって後傾してしまっています。


上の写真は骨盤後傾の状態、下の写真は胸や腰に力を入れて良い姿勢を無理に作った状態です。

背中に入れた力で骨盤は更に後傾してしまうのです。

では、どうするのか?
P10107032

このように鼠蹊部から上半身を前に倒すことにより骨盤を起こすことが出来ます。
そしてこの方法しか体に緊張を作らずに骨盤を起こす方法は(現在の筋肉の状態のままで)ないのです。

(そして、この時身体が前傾していますが、この前傾こそが現在のその人の歪みなのですから、その前傾を取り除き、きちんと適正な位置にある骨盤に対して最適な生理湾曲のある背骨の状態にしていくことこそが矯正となるのです)

鼠蹊部とは股関節の前側の部位の名称ですから、ここでも股関節が良い姿勢を作るためにはキーポイントだと分かりますね。

繰り返しますが、脚の筋肉は身体の中で最強で、その緊張に対してそれより弱い筋肉を緊張させる事は無理なのです。
そして、その弱い筋肉の緊張は『身体の必然性が無い筋肉の緊張』、つまり『不当緊張』、平たく言えば『全く正統性も必要性もなく体をかためてしまっている状態』と言えます。

身体が歪み必然的に緊張を起こしているのに、追い打ちをかけて筋肉を緊張させればダブルでの緊張となりますからトラブルになるのが必然ですよね。

以前、マナーなどを教える先生がやはりこのパターンでひどく腰を痛めてご来院された事が有りました。

仕事柄常にいい姿勢でいなくてはいけなくて、腰に思いっきり力を入れて生活しているうちに、背骨が丸まらない位の緊張になり、ついには椎間板ヘルニアになってしまわれ、1週間に1回ぎっくり腰を起こされていらっしゃいました。

是非、いい姿勢とはどういう状態の事なのか、考えてみてくださいね。
特に、小学校、中学校位のお子さんたちの姿勢の悪さは最近特に目につきます。
姿勢は一生涯を通しての健康の問題に直結します。
なるべく早いうちに良い姿勢を習慣づけてあげましょう!

It is the start of the continuation of how we can make a good posture.

The first thing you can not make a mistake is trying to stretch your back muscles with your back muscles, ignoring the pelvis, because the pelvis is tilting backwards to become a bad posture.

The above picture shows the pelvic posterior inclination state, the lower picture shows the state where you put force in your chest and waist and made a good posture.

The pelvis tilts further backward with the force put on the back.

So what do you do?

In this way you can wake the pelvis by knocking down the upper body forward from the groin.
And the only way to wake the pelvis without creating tension on the body is (as it is in the current muscle state).

(And at this time the body is leaning forward, since this forward leaning is distortion of the person at the present time, it is necessary to remove the forward inclination and have the optimal physiological curvature for the pelvis in a properly proper position Being in the state of the backbone is the correction)

Since the inguinal part is the name of the part on the front side of the hip joint, it is understood here also that the hip joint is a very important part to make a good posture.

Again, the muscles of the legs are the strongest in the body and it is impossible to strain the weaker muscles against that tension.
And it can be said that the weak muscle tension is “tension of the muscles without physical necessity”, that is, “unreasonable tension”, flatly speaking, “the state where the legitimacy is also not necessarily required and the body is crushed” .

Although the body is inevitably strained by strain, it is inevitable that it becomes troublesome because it becomes a tension in double if it pulls the muscle tightly and it becomes tension.

Previously, there was a teacher who teaches manners etc had a visit hurting severely in this pattern.

Work pattern I must always be in a good posture, while I live my life with lots of my own energy, my spine is not tightened until I finally become a herniated disc and finally it will be a week I was waking up once a time.

Please certainly consider what kind of condition is good attitude.
Especially, the bad attitude of the children of elementary school and junior high school posture is particularly noticeable.
Posture leads directly to health problems throughout life.
Let’s habit a good posture as soon as possible!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中