脊柱すべり症の手術。 

yotu01
先日テレビの特別番組で、専門医による先端の治療法を紹介する番組がありました。

先端治療器具で、切っても血が出ないメスなど、びっくりするようなものも有りました。

腰の手術では、腰の痛みで著しくQOLが落ちていた女性患者さんが痛みから解放されていました。
その方は、すべり症だったのですが、メスで切る部分をなるべく小さくして、最後は叩いて骨を元の位置に戻してボルトで固定と言う様な手術でした。

痛みが取れたのは、本当に良かったのですが、背骨がすべってしまった原因に関しては何もアプローチが無かったのが心配でした。

私は、背骨が滑るのは骨盤がずれることにより起こると考えておりますから、その骨盤に何もアドバイスがなかったのには「だいじょぶなのかな~?」と言う印象を持ちました。

神経に触っている結果の部分にだけアプローチして問題は解決するのでしょうか?

確かに痛みは取れしたが、それでその状態が長い間維持できるのかが心配になります。

これは、どんな治療に関しても同様だと思いますが、原因を取り除かなければ又繰り返すか、その歪みがほかに出てきてしまうものです。
だるま落としで、下がずれた影響で上が崩れそうだと言って、そこだけ治しても下がぐらぐらなら・・・。

asobi_daruma-otoshi_10891-450x337.jpg
せっかく痛みが取り除けたのですから、是非その原因も追究してリハビリに頑張っていただきたいと感じました。

On the special program of television the other day, there was a program introducing the advanced therapy by specialists.

There was a kind of surprising thing such as a scalpel that does not produce blood with cutting edge treatment equipment even if cutting.

In the lumbar surgery, female patients who had remarkably decreased QOL due to back pain were released from pain.
That person was slippery, but the part to be cut with a scalpel was made as small as possible, and at the end it was a surgical operation like banging to restore the bone to its original position and fixing it with bolts.

It was really nice to have the pain, but I was worried that there was not any approach on the cause of slipping.

I think that the backbone slipping occurs as the pelvis slips, so I got the impression that “I knew after all” that there was not any advice on that pelvis.

Approaching only the result part touching the nerve to solve the problem?

It certainly got pain, but I am worried whether that condition can be sustained for a long time.

I think this is the same for any treatment, but if you do not remove the cause it will repeat itself or that distortion will come out elsewhere.

Since it seems that the top of the dharma drops will fall, if the bottom falls down even if there is only cure there, is not it reasonable that the top piece falls sooner or later?

Since pain was taken away at a great price, I certainly wanted to pursue the cause and try hard for rehabilitation.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中