左を向いた横向き寝で喘息がひどく出る。

yokoo002
この写真なども、かなり右脚を開いていらっしゃいますね~、どうぞお体に気を付けてお仕事してください。
先日、画家の横尾忠則画伯がご自分の健康観について書かれている本を読んでいましたら、この記述を見つけました。

手元に本が無いので私の記憶ですが『左横向きで寝ると、とてもひどいぜんそくの発作が起きるのを経験から知っていた』と言う様な事を書いていらっしゃいました。

なかなか面白い本でしたので、いつかきちんとご紹介したいと思います・・・。

さすが、感性が有る方はこの様にご自分の状態を観察され、法則まで導かれるのだと感心いたしました。

と言うのも、礒谷公良先生は『右脚の股関節が開くと呼吸器、循環器にトラブルが起こる』と身体と疾患の関係まで約70年前に発見されていますが、まさに、この左横向き寝は、上になった右脚が開くからです。
right kata1

つまり横尾画伯は左向きに寝て、右の股関節を開いてしまった為に喘息発作を起こされたのです。

これと似た話は以前にもありました。

礒谷療法中野本部に勤務していた時に、ある勉強に来られていた方が「私はパニック障害が有るのですが、電車に乗っていて進行方向側に右脚が有る状態、つまり進行方向の左の座席に座っていると発作が出ない、と言う法則を発見したのですが、その理由が礒谷療法を勉強して初めてわかりました!!」と喜ばれていらっしゃいました。

この事例も同様に右脚が開くことによる起こるトラブルなのです。

ちょっとややこしいのですが、この方は右脚の股関節が開く癖が強かったので、進行方向側に右脚で座ると、走り初めこそ反対の左に体重はかかり易くなりますが、走っている間は右脚に体重がかかるので、右脚の股関節が矯正されていたから股関節のバランスが良くなり発作が起きなかったのです。

簡単に図示しますと・・
右脚の股関節を開く⇒右脚が長くなる⇒右の骨盤が高くなる⇒右の骨盤が高いので左に体重がかかってしまう⇒ますます右脚が開く⇒ぜんそくやパニックの発作が起きる

こうした悪循環が無限に起こってしまう事を防ぐのがこの療法の考え方になるのです。

まず自分の身体のクセを知れば、どういう時に問題が起きるのか、どうすると調子がいいのかが理解できるようになります。

Also in this picture etc, we have pretty much opened the right leg, please, please take care of yourself carefully.
The other day, if the artist Tadanori Yokoo, painter, was reading a book about his health view, I found this description.

Because I do not have a book at hand, it is my dangerous memory, but I wrote something like saying “I knew from experiences that severe asthma attacks occurred when I lay asleep on the left sideways.”

It was quite an interesting book so I would like to introduce it properly someday.

As expected, those who have a feeling are impressed that their own conditions are observed like this and they are guided to the law.

To say, Professorkimiyoshi Isogai said, “When the hip joint of the right leg opens from the left leg, trouble occurs in the respiratory organs and the circulatory organ,” it is discovered about 70 years ago until the relationship between the body and disease, but left On the sideways facing aimed at, the right leg, which turned up, opens.

So, Yokoo’s painter slept in a left direction and asthma attacks were awakened because the right hip joint was opened.

There was a story similar to this before.

When I was working at Nakano Headquarters, a person who came to a certain study said, “I have a panic disorder, but there is a state where there is a right leg on the train side, that is, the direction of travel I found a law saying that I do not have a seizure when sitting on the left seat of the left side, but I understood it for the first time after studying Isogai therapy !! “It was pleased.

In this case, too, because the hip joint of the right leg was open in this case, if you sit with the right leg on the side of the direction of traveling, the weight on the opposite left is more likely to be affected on the opposite side, while the right leg Because the body weight is applied, the hip joint of the right leg was corrected.

Somehow, it became a bit difficult but the essence is balanced.

Open the hip joint of the right leg ⇒ The right leg gets longer ⇒ The right pelvis gets higher ⇒ The right pelvis is so heavy that weight is applied to the left ⇒ The right leg is increasing ⇒ Asthma and panic attacks occur

It is this way of thinking to prevent such a vicious circle from occurring indefinitely.

First of all, if you know the habit of your body, you will be able to understand when problems will arise and how to do better.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中