さすが、イチロー!!

ichidsgsdgssssro
ネットのニュースで見つけました、ちょっと長いですがコピペします。

右ふくらはぎ痛で離脱したマリナーズのイチロー外野手(44)が、2日ぶりに練習を再開した。

通常であれば開幕が絶望視されるほどの状態だったが、特殊マシンを使ったトレーニングで急速に回復。17日からは全体練習に合流した。

異常発生直後は、決して「軽症」ではなかった。交代直後、カートで退場したのも、歩行に支障があったからだった。「嫌な感じでした」。イチローによると、通常であれば「(全治)2週間とか、オートマチックに言われる」ほどの重症だった。となれば、開幕に間に合わせることは絶望的だった。

ところが、イチローには強力な「味方」がいた。試合後は、アリゾナの自宅にも設置している、10種類にも及ぶ初動負荷理論の特殊マシンを利用したトレーニングで「治療」。14日夜に3時間、15日午前に2時間、午後に4時間、さらにこの日の球場入り前に1時間。延べ10時間にわたってマシンを動かし、患部のケアに努めた。「結局、リカバリーは酸素と血流。それが促進されれば当然、回復は早いです」。全身の血行を活発にして患部をほぐし続けたことで、驚異的に回復した。イチロー自身が「(マシンが)なかったら(開幕は)アウトでしょうね」と明かすほどで、一時の大ピンチから脱出した。

以前から、私はこの初動負荷理論による靴、ビモロを患者様にお勧めしていますし、このブログでも何回か取り上げてきました。
201711bml4000A-m-01-dl

私がこの初動負荷理論を知ったのは、於保クリニックの於保先生から教えていただいたのが最初ではなかったかと記憶しています。
先生は常に『体にいいもの、いい事』をご自分の身体を通して研究されていますから、本当に色々な事を教えていただいております。

その後、たまたま初動負荷理論を作られた小山先生が論文を書かれた早稲田大学人間科学科の鈴木秀治先生の研究室で私も共同研究に参加させていただくという事が有り、その時に初動負荷理論のマシーンも体験させていただく機会が有り、筋肉の特性を考え抜いた素晴らしいトレーニング法だと感じました。

2018,3ブログ掲載

写真センターが鈴木先生、右端が私です。

鈴木先生の研究室での記念写真ですが、左奥に見えているのが初動負荷のトレーニングマシーンです。

I found it on the net news, it is a bit long, I copy it.

Mariners’ outfielder Ichiro (44) who withdrew with right calf pain resumed practicing for the first time in 2 days.

In the usual case, the opening seemed to be in desperate state, but it recovered quickly with training using a special machine. I joined the whole exercise from the 17th.

Immediately after the occurrence of the abnormality, it was never “mild”. As soon as I took over, I exiled at my shopping because I had trouble walking. “It was a bad feeling.” According to Ichirou, it was severe enough to be said “automatically (for two weeks) or automatic” as usual. Then, making it in time for the opening ceremony was hopeless.

However, Ichiro had a powerful “friend”. After the match, “treatment” with training using special machines of ten kinds of initial load theory also installed at home in Arizona. 3 hours on the 14th night, 2 hours on the 15th morning, 4 hours in the afternoon, and 1 hour before entering the ballpark on this day. I tried to care for the affected area by moving the machine for a total of 10 hours. “After all, recovery is oxygen and blood flow, if it is promoted naturally, recovery will be early.” It surprisingly recovered by continuing loosening of the affected part by activating the whole blood circulation. Ichiro himself escaped from the big pinch at a time to say that it would be “out if it was not (machine opening) (opening starts)”.

I’ve been recommending shoes, BIMORO based on this initial load theory to patients for a long time and I have covered this blog several times as well.

I remember that I first learned about this initial load theory that it was not the first time that Professor Obo of the Obo clinic taught me.

After that, I also participate in joint research at the laboratory of Professor Syuuji Suzuki of the Department of Human Sciences, Waseda University where Professor Koyama who created the initial load theory happens, and at that time the initial load theory There was an opportunity to experience the machine, I felt it was a wonderful training method thought out of the muscle characteristics.

It is a commemorative photo at Mr. Suzuki’s laboratory, but the training machine in the initial load is visible in the back left.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中