利き足と軸足

img_a11fec1eee8d5fc47a5953a45d93d1ed256428

私の現役時代よくプレースタイルやパスの精度、風貌が似ていると言われたベッカム!!                                     

利き足とは、使いやすい、コントロールしやすい足の事ですね。

たとえば、私ならサッカーで右脚しか蹴れない(T_T)とかです。

そして軸足とは、体重が乗り易い方の脚の事です。

よくこの2つを混同していることが有ります。

例えば、水たまりを飛び越える時にどちらの脚を前に出しますか?

と言う質問に対して「左足」だと左脚が利き足で、残って地面を蹴った方が軸足ですと言う様な乱暴な説明も目にする事が有りますが、それほど単純な話ではありません。

先ほど、私は右脚でしか蹴れないと言いましたが、私の軸足も右脚なんです。

軸足とは、要は『短い脚』になるのです。

これは重力の影響下で生きている私たちの宿命なのです。

意識を介在させなければ、『水は低きに流れる』で必ず短い脚に体重が乗ります。

1111

この写真ですと、青色の右脚骨盤が乗ってきていますから、右重心=右脚が短い、という事になるのです。

そして利き足は、この重心とは関係なく、器用に使える方の手にも、自然に右利き、左利きが有るように、小さい時からの習慣等で決定するのだと思います。(もしかすると右脳左脳などともかんけいしているのかもしれませんね)

ですから、この利き足、と言う問題は直接的には健康と直結するわけではありませんが、スポーツの種類によっては大いに健康とも関係します。

例えば、野球は最たる物なのです。

右投げ、右打ちこれはどちらも左足から右脚への体重移動が有りますから、右の股関節を開いてしまう事になり、結果長い右脚が更に長くなるので、循環器や呼吸器に問題が起きやすくなってしますし、この偏りにより、右ひざ正面の痛み、左ひざ内側の痛み、左腰背部の痛みや張り、左肩の痛み、左目、左鼻の問題等が起こります。
そしてダメ押しに走塁が左回りなので、外側になる右脚がやはり開いてしまうのです。

後、偏り易いのは常に同方向に身体を捻じるゴルフ、常に右足が前の剣道などです。

ですからこのようなスポーツを楽しまれる方は、逆ぶりや鏡面にした反復練習などを取り入れて左右のバランスが崩れない様にすると、競技自体のパフォーマンスも上がりますし、健康を維持して長く競技を楽しむことが出来ます。

The dominant foot is thing that is easy to use, easy to control.

For example, if I am a football I only kick right legs (T_T).

And the axis foot is the leg with which weight is easy to get on.

I often confuse these two things.

For example, which leg will you put forward when you jump over a puddle?

If you say “left foot” to the question saying that the left leg is a profitable leg, there are things to say that you are seeing rough explanations saying that it is better to kick the ground than the ground remaining, but a very simple story It is not.

I said earlier that I only kick on the right leg, but my ax foot is also the right leg.

The axis foot is essentially a “short leg”.

This is our fate living under the influence of gravity.

If we do not have consciousness intervening, “Water flows low” always weights on short legs.

And the handedness feet, regardless of this center of gravity, I think that it is decided by the habit from the time of being small, so that there is naturally right handedness, left handedness also in the hands of those who can use for deft. (Maybe perhaps also with the right brain and the left brain etc)

Therefore, the problem of this profitable foot is not directly linked directly to health, but depending on the type of sports, it also relates greatly to health.

For example, baseball is the best thing.

Right throw, right strike Because both weights move from the left foot to the right leg, we will open the right hip joint, resulting in a longer long right leg, so problems with circulatory or respiratory problems It is likely to happen, and this bias will cause pain in the front of the right knee, pain in the left knee, pain in the back of the left back, pain in the left back, pain in the left shoulder, left eye, left nose problems and so on.
And since the runner is turning counterclockwise, the right leg on the outside still opens.

Later, it is easy to bias golf that always twists the body in the same direction, always the right foot is the previous kendo etc.

So if you are enjoying such a sport, if you try to incorporate backwards and mirrored iterative exercises so that the balance of the left and right does not collapse, the performance of the competition itself will also rise and maintain the health and long the competition You can enjoy it.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中