股関節の痛み、違和感は放置しないで出来るだけ早く矯正を!!

dr87_img03

変形性股関節症などの股関節疾患では、股関節の関節軟骨に神経が無いので発見が遅れてしまい易くなります。

ですから、股関節周辺で痛みを感じていると言うケースでは、関節臼唇や関節包に傷が付いたり、筋肉や靭帯が引っ張られて神経を圧迫して痛みを感じているようです。

股関節は全動関節と言い、屈曲+伸展、内旋+外旋、内転+外転と言う2×3=6の動きをする関節になっています。

このうち、屈曲+伸展の運動軸ではどちらかに引っ張られ過ぎても脚の長さ=骨盤の高さに差は生じませんが、他の2軸はどちらかに引っ張られると脚長差、骨盤の高低差が生じます。

そして、先天性股関節脱臼やペルテス氏病では内転が患側の脚に内旋、内転が起こり易くなります。

そして痛みとこの動きとの関係ですが、要するに股関節の本来あるべき位置からずれると痛みで私たちにずれているよと教えてくれているのです。

ですから、股関節のちょっとした違和感、痛みでも「どうしてこの痛みや違和感は起こってしまったのかな?」と問題意識を持ち、きちんと対処すれば長く健康に過ごせると思います。

変形性股関節症での入り口でも、整形外科ではX線を撮り、骨に異常がなければ、「臼蓋形成不全が有るね~、まだ大丈夫だから水泳でもやって筋肉付けるといいよ」ぐらいの対応である事が多いようですが、それだけの対処ではもったいないのです。

水泳もいいですが、あくまでも重力の中で痛くなく歩く筋肉を作った方が効果的ですし、それは可能なんです。

若い時は自己修復力も高いし、体重もそれほど重たくないし、筋肉もしっかりしているし、必要な運動をすれば筋肉も付き易いし、矯正も進みやすいんです。

しかも股関節疾患は骨盤の高低差を作ってしまい脊柱の側弯を作ってしまいますから、股関節は早く整えないと他の病気の原因になる事もあるのです。

先天性脱臼で生まれた方、股関節に痛み、違和感ある方はなるべく早く矯正をスタートさせましょう。
当院の自己管理システムなら、あまり通えない方でも自宅で自分で矯正が出来ます。

特に女性は更年期になると骨密度の低下により、急に状態が悪化するケースが多いので注意しましょう。
可動域を減らさずに、痛みが無ければ保存できるんですから。

In hip joint diseases such as hip osteoarthritis, discovery is delayed because there is no nerve in the articular cartilage of the hip joint.

So, in the case that you feel pain in the vicinity of the hip joint, it seems that the joint acetabulum and the joint capsule are scratched, the muscles and ligaments are pulled, and the nerves are pressed to feel pain.

The hip joint is called a full-motion joint, and it is a joint that makes a movement of 2 × 3 = 6 called flexion + extension, inner rotation + outer rotation, inner rotation + abduction.

Of these, in the movement axis of flexion + extension, even if it is pulled too much in either direction, there will be no difference in leg length = pelvic height, but if the other two axes are pulled in either direction, leg length difference, pelvis The height difference will occur.

And in congenital hip dislocation or Perthes’ disease, inward rotation is likely to cause innervation and inversion on the legs of the affected side.

And in the relationship between pain and this movement, in short it teaches us that if it deviates from the original position of the hip joint, it will be displaced to us by pain.

So, even with a bit of discomfort in the hip joint, even with pain, I have a problem consciousness as “Why did this pain and discomfort have happened?” I think that if you deal properly it will be healthy for a long time.

Even at the entrance at osteoarthritis, in orthopedic surgery X-rays are taken and if there is no abnormality in the bones, “there is an acetabuloplasty failure, it is okay, because sweating is still okay, you should put on your muscles” It seems that there are many things in many cases, but it is a waste in dealing with that much.

Swimming is also nice, but it is effective if you made muscles that walk without pain without any pain in gravity.

When I am young, my self-healing ability is high, my weight is not so heavy, my muscles are solid, and if I do the exercises I need, my muscles are easy to attach and corrections are easy to proceed.

If you are born with congenital dislocation, pain in the hip joints, feel uncomfortable let’s start straightening as soon as possible.
If you are a self-management system of our hospital, you can correct yourself at home even if you can not communicate much.

Especially women should be careful because there are many cases where the condition worsens suddenly due to a decrease in bone density at the time of menopause.
It can save if there is no pain without reducing the range of motion.

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中