週刊〇〇に紹介されている、股関節特集。

1372596
有る習慣雑誌に股関節が健康のポイント!的なちょっとした記事が有りましたので、面白ければ購入しようと思いコンビニで立ち読みしました。

結果、ダメでした。

開脚の危険性はこのブログでも何回も書きましたのでここでは多くを語りませんが、記事の中で「ずれた股関節は引っ張れば元に戻る。 人間の身体は元に戻ろうとしているんだから」と言う様なものが有りました。

確かに、人間の身体は自分で元に戻そうという力が働きますが、それなら引っ張らなくてもいいのではないかと思います。

と言うか、股関節を引っ張るのは非常に危険なのです。

私もこの礒谷療法に出会う前は整体の学校で習ったこの『股関節の引き抜き』と言う技法で施術をしていましたが、有る時に股関節痛の方の股関節をさらに痛くしてしまい、この技術を封印しました。
そして、この股関節のメカニズムの難しさが、礒谷療法を学ぶきっかけの一つになりました。

まず、何で股関節に痛みや不調が現れているのか?
th-at-00177no01nojpg

股関節は全動関節なので、その周りに全方位に動かすための筋肉がレイアウトされていますが、その筋肉の強弱等のアンバランスが生じる事により痛みや不調が現れるのです。
(臼蓋形成不全やペルテスも、骨の形状でこうした筋肉のアンバランスが生じやすくなっているのです)

ですから、引っ張ってしまったらある特定の筋肉だけではなく全部の筋肉を引っ張ることにより緩めてしまいますから、術後一時的に痛みは軽減するかもしれませんが、筋肉は緩んでいますから、歩き方や座り方のクセなどでまた股関節角度が悪くなれば痛みや不調も簡単に再発しますし、筋肉が緩んだ状態が続けばますます不安定になってしまうのです。

私の経験でも、クイック整体などで、こうした引っ張る系の技術でなくとも股関節を何かされてから調子が悪い・・と言う方がいらっしゃいますが、お話を聞くとどうも不十分な勉強で股関節を操作しているのではないかと疑わしい事も多々あります。

繰り返しますが、股関節はうかつに開いたり、引っ張ったりしない方が健康の為ですよ!!

A habit is a healthy point in a habit magazine! Since there was a small article in the morning, I thought that I would buy it if it was interesting I read it at a convenience store.

As a result, it was useless.

The risk of opening legs has also been written many times in this blog, so we will not talk much here, but in the article “If you hit the slipped hip joints, you will return to the original. The human body is about to return There was something like saying “Because it was.”

Certainly, the power to try to restore the human body by yourself works, but I think that you do not have to pull it.

Or, to pull the hip is very dangerous.

Before I met this citrus therapy I was practicing with this technique called “pulling out hip” that I learned at a school of accommodation, but when I have it, I hurt the hip joint of hip joint pain even more, this I sealed the technology.
And the difficulty of this hip joint mechanism became one of the reasons for learning Chengyi therapy.

First of all, why are pain and discomfort appearing in the hip joint?

Since the hip joint is a full-motion joint, muscles for moving in all directions around it are laid out, but pain and discomfort will appear due to unbalance such as the strength of the muscle.
(Dysplasia of acetabulum and Perthes are also likely to cause imbalance of these muscles due to the shape of the bones)

So if you pull it, you will relax by pulling all the muscles, not just certain muscles, so temporary pain may decrease after surgery, but muscle is loose, so walk Pain and malfunction will easily recur if the hip joint angle gets worse again with the habit of people and sitting, and become more unstable if the muscles loose state continues.

Even in my experience, there are some people who say that something is wrong with something from the hip joints, even though it is not a technique of pulling the system, such as in a quick alignment, but when you listen to the story, it is impossible to study the hip joint There are many doubts that it is operating.

Again, it is better for you to not carelessly open or pull the hip! !

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中