変形性股関節症などの運動療法、その良し悪し。具体例③

11

この運動は、立位で骨盤より広く脚を開き、骨盤を左右にふると言うものです。

この運動で起きてしまい易い事は・・・

①脚の開き方・・・骨盤より開いてしまうと、股関節が外転位になりますからモモの外の筋肉に緊張を作ってしまいます。 もし脚を開く必要が有るなら骨盤の幅以内にするべきです。

②股関節に内ねじれのクセが有る股関節疾患の方は、足先が開いて膝が入ってしまったり、小児マヒ等の方ですと足先が内に向きさらに膝が内に向いてしまったりしますから、その状態での運動は膝にもダメージが及ぶことも考えられますし、股関節にも負担になる事が心配されます。

③そもそも、左右の股関節には殆どの人に角度差があります。 ですから、左右に骨盤を振るという動作にも自然に左右差がついてしまいます。 例えば私なら、右には骨盤が大きく動いても左脚にはモモの外側からお尻にかけては筋肉の硬さが有るので骨盤が右ほどは動きずらい、と言う具合です。
もしそのような状態の運動を続けていれば股関節の左右差はどんどん大きくなってしまいます。

この様な理由からこの運動もお勧めは出来ません。

繰り返しますが、股関節が特定の筋肉に引っ張られて、股関節角度がねじれたりして変形性股関節症が発症します。
平均的に分散すべき体重や歩いたりの負荷が局所に集中してしまった為に軟骨を削ってしまったからです。

また、臼蓋形成不全やペルテス氏病、先天脱臼の様な先天的な股関節疾患の方は、その股関節の骨の状態により筋肉が引っ張られて可動域が減少したり、痛みが出てしまっています。

先天的、後天的どちらの場合も筋肉の偏った状態が問題なのです。
ですから、矯正の眼目は『筋肉の偏り』を無くすことなのです。

もし行っている運動、体操にその視点が無いのなら、要注意ですよ。

This exercise is to open the leg wider than the pelvis first and to shake the pelvis to the left and right.

What is easy to get up with this exercise …

① How to open the legs · · · Opening from the pelvis, since the hip joint becomes outer dislocation, it will make strain on the muscles outside the peach. Should be within the width of the pelvis if it is necessary to open the legs.

② If the hip joint disease has a hip joint in the hip joint, if the toe is opened and the knee enters, or if you are a child paralysis or the like, the toe tip faces inward and the knee faces inward Because it is possible that the exercise in that state may damage damage to the knee, I am worried about being burdened on the hip joint.

③ In the first place, there are angle differences for most people in the left and right hip joints. Therefore, the action of swinging the pelvis to the left and right also naturally leads to the left and right difference. For example, if I am on the right, even if the pelvis moves big, the muscle hardness on the left leg from the outside of the peach to the buttocks has the hardness of the muscles so it is difficult for the pelvis to move as much as the right.
If you keep exercising in such a state, the difference between the left and right of the hip will grow bigger and bigger.

For this reason this exercise can not be recommended.

Again, hip joints are pulled by specific muscles, hip joint angle twists and causes hip osteoarthritis. In case
It is because the weight that should be dispersed on average and the load of walking have concentrated on the local area and it has scraped the cartilage.

Also, in congenital hip joint diseases such as acetabulum incompetence, Perthes’ disease, congenital dislocation, the muscles are pulled by the state of the bone in the hip joint, the range of motion decreases, pain has come out I will.

Both inborn and acquired, the biased state of the muscles is a problem.
Therefore, the eye of correction is to eliminate “bias of muscle”.

If exercise, gymnastics you are doing has no viewpoint, be careful.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中