変形性股関節症などの運動療法、その良し悪し。具体例①

0927_061
当院での運動療法の目的は、股関節の角度を正しい位置に矯正する。
つまり角度を正しくするとは、筋肉のアンバランスを正すという事です。
そして、その結果として痛みが取れて、可動域が確保できる、と言うものです。

しかし、一般的には可動域を広げる結果筋肉もついて…と発想が逆転してしまっているのです。

ですから、やみくもに股関節周りの筋肉が緩まればいいや的な運動の推奨になっているように思います。

0927_071
有る情報番組では、上の写真の状態から膝を外に開くという運動を勧めていました。
確かに一過的には股関節周りの筋肉が緩むから痛みの軽減にはなりそうです。
しかし、この体操が良い人は股関節角度が内に捻じれている人で、外に開き過ぎている人にとってはかえって痛みが増しますし、鍛えている筋肉も正反対になりますので、初めは多少痛みも緩みいいかなと判断し長く続けてしまうとかえって変形などの症状を進行させてしまう事になります。

また気を付けなければいけないのは、こうした体操の場合、かなり細かく気を付けなければいけません。

例えば上の写真黄色の線を見ると太ももは内に捻じれて、スネは外に捻じれていますよね。
これにより股関節は内旋と言い臼蓋形成不全や、先天性股股関節脱臼、ペルテス病等の多くの方において既に内旋している股関節の状態を悪化させます。

また、下の写真、よく見ていただくと分かりますが、向かって左側、このモデルさんの右脚は左脚より開いているのがお分かり頂けると思います。

つまりこのモデルさんは右脚の股関節が左より開いていて脚が長くなっているのですが、この状態で運動を続ければ左右差がどんどん大きくなってしまうという事です。
多分、股関節が健常な方でもこうした左右差はあるものなのですが、なかなかご自分でこうした左右差のバランスを意識するのは困難な事なのです。

この様に、自分の股関節の筋肉の状態がどうなっているかの説明を受けないでやみくもに動かせばいいやと言う運動では、その効果も期待できないばかりかかえって状態を悪化させることにもなりかねません。

もし、「この運動はどうですか?」と言うご質問が有ればどうぞコメントからお願いいたします。

The purpose of exercise therapy at our hospital is to correct the angle of the hip joint to the correct position.
In other words, to correct the angle means to correct the muscle imbalance.
And, as a result, it is said that pain can be removed and the range of motion can be secured.

However, in general, the muscles resulting from widening the range of motion are also attached … the idea has been reversed.
So, I think that blindly muscles around the hip joint should be relaxed or recommended for exercise.

I suggested exercises to open the knees out from the state of the photo above.
It certainly seems that muscles around the hip joint are relaxed in a transient way, so that pain will be alleviated.
However, this gymnastic person is a person whose hip joint angle is twisted inside, the pain increases rather for the person who is opening too far, and the exercising muscle is also opposite, so at first it is somewhat If pain continues to be relaxed and judgment continues for a long time it will result in the progression of symptoms such as deformation.

Also, you have to be careful, in the case of such gymnastics, you have to be careful in detail.

For example, on the picture above the yellow line, the thigh is twisted inside, and the sune is twisted outside.
As a result, the hip joint deteriorates the state of the hip joint which has already been rolling in many people such as inward rotation and incomplete formation of the acetabulum, congenital hip joint dislocation, Perthes disease and so on.

In addition, I understand that you can see that the right leg of this model is opened from the left leg, as you can see from the bottom picture, if you look carefully on the left side.

In other words, this model is that the hip joint of the right leg is open from the left and the legs are longer, but if you keep exercising in this state the difference between the left and right will become bigger and bigger.
Perhaps, even if a hip joint is healthy, there is such a difference between the left and right, but it is quite difficult to be conscious of the balance between these left and right by yourself.

In this way, with the exercise saying that it is only necessary to move blindly without receiving an explanation of how the state of muscles of your hip joint is, it will not only be able to expect that effect, but it will not even worsen the condition not.

If you have any questions saying “What is this campaign?” Please comment.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中