変形性股関節症など股関節疾患の運動療法。

o0180028212385367029
臼蓋形成不全、変形性股関節症、ペルテス氏病、先天性股関節脱臼等の股関節疾患に勧められる運動療法。

なぜ運動が必要なのでしょう?

よく言われる理由としては、筋量が減ったり、骨密度が減ることにより発症しているのだから、筋肉を鍛えなくてはいけない。

それは50%正しいですが、50%は間違いです。

確かに加齢で筋肉が弱くなったり、ホルモンバランスで骨密度が下がったのも発症の一因ではありますが、それならもっと多くの方に発症してもおかしくありません。

この基本を間違えると運動のメニューも間違ったものになりかねません、と言うか多くの場合間違っていると言わざるを得ません。

例えば、なぜ変形性股関節症が発症したのでしょうか?

股関節の角度が適正なものではなかったために、骨頭の全面に分散すべき負荷が有る一点に多くかかってしまった為に、軟骨がすり減り骨がこすれあってしまったことが、その原因なんです。

ではなぜ、角度が適正ではなくなってしまったのでしょうか?

臼蓋形成不全により、骨頭が収まりきらない為に、安定を求めて内に捻じれていた。
ペルテス氏病により、骨頭が適正な大きさにならず、内に捻じれてしまった。
先天性股関節脱臼の筋肉のクセにより、内に捻じれてしまった。

こうした、股関節角度のクセがこれら股関節疾患や股関節痛の原因なのです。

更にその理由を探ると、股関節は全動関節と言いぐるぐると広い角度で動きますが、その動きを行うためにいろいろな筋肉が働いていますが、そのたくさんある筋肉の特定の筋肉が強い、弱い、硬縮しているとアンバランスになっていることが、その原因の原因です。

ですから、股関節疾患、股関節痛のお治療のための運動療法は、そのアンバランスを見極め、バランスを回復するために行うべきなのです。

他の人と同じ運動?
右脚と左脚が同じ運動?

歩くのが良いですよ、と言う割に歩き方の指導が無い。

おかしいんです!!

一人ひとり、鍛えなくてはいけない筋肉は違います、もちろん右脚、左脚でも緩めなければいけない筋肉は違います。

当院では、こうした考えの元、お一人お一人の股関節の状態を正確に見極め、矯正とそれに必要な運動をご指導していきます。
もちろん、痛みが軽減する歩き方、つまり治療的な歩行方法もご指導してまいります。
(一生懸命ウォーキングしても、歩き方が間違っていれば痛みは増すばかりですし、病状も進行させてしまいます)
先日も股関節置換手術をされていらっしゃる患者様が「筋肉の事に関して本当にアドバイスが無いのが不思議だったのよ」とおっしゃられておりました。

 

Exercise therapy recommended for hip joint disease such as acetabulum failure, hip osteoarthritis, Perthes’ disease, congenital hip dislocation and so on.

Why do you need exercise?

It is often said that as the muscle mass decreases and bone mineral density decreases, it is causing it, so you must train the muscles.

It is 50% correct, but 50% is a mistake.

It is true that aging causes muscle weakness or bone mineral density drops due to hormonal balance, but it is also part of the onset, but then it is not surprising that more people will develop it.

If you mistake this basics you can not help but say that the menu of exercise can also be wrong, in many cases wrong.

For example, why did hip osteoarthritis develop?

Because the angle of the hip joint was not proper, it took a lot of load to be dispersed on the whole face of the head, so it took a lot to one point, so that the cartilage worn out and the bone rubbed was the cause.

So why did the angle become inappropriate?

Due to incomplete formation of acetabulum, because the head of the femoral head does not fit completely, it was twisted inside for stability.
Due to Mr. Perthes’ disease, the head of the head did not become a proper size, and it was twisted inside.
I was twisted inside due to the habit of the muscles of congenital hip dislocation.

Such a habit angle habit is the cause of these hip joint disease and hip joint pain.

Further exploring the reasons, the hip joint moves at a wide angle as if it were a full-motion joint, but various muscles work to do the movement, but the specific muscles of the many muscles are strong, weak , It is unbalanced when it is compressed, the cause of the cause.

Therefore, exercise therapy for treatment of hip joint disease and hip arthral pain should be done to determine the imbalance and restore balance.

The same exercise as other people?
Is the right leg and the left leg the same movement?

There is no guidance on how to walk in proportion to saying that it is good to walk.

It’s strange! !

Each muscle is different, each muscle is different, of course the muscles that must be loosened also in the right and left legs are different.

Based on this idea, our hospital will accurately determine the condition of each individual’s hip joint and will guide the correction and the necessary exercise.
Of course, I will also teach you how to walk the pain will be alleviated, that is, a therapeutic walking method.

The patient who had been doing hip joint replacement surgery the other day said that it was strange that there was really no advice on muscle things.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中