根本療法とは?…・たとえ話

body_karada_yugami1
先日、体の歪みと胸の大きさや高さ、乳がんの関係をテーマに記事を書きました。

しかし、まだ体の歪みを整える必然性が『良く理解できない』と言うお声を聴きましたので、少し補足を。

そもそも、なぜ体が歪んでいると良くないのでしょうか?

歪んでいるという事は筋肉の緊張が有り、それにより骨が引っ張られ神経や血管を圧迫することにより機能的な障害が起こる、という事が問題点なのです。

胸の大きさや高さの左右差を「そもそも人間の身体は左右完全に対象ではないんだから、多少違いはあるのが当たり前」などと無責任な事を書いているサイトも見た事が有りますが、左右差を解消する努力を放棄してしまってはその差はどんどん大きくなるばかりです。

なぜならば、歪みとは重力によって倒れない様にするために起こるのですが、分かり易く『猫背』を例にして説明いたします。

あまりスポーツなどをせずに大股で歩く習慣が有った⇒モモの外側の筋肉が内側の筋肉より強くなる⇒骨盤が引っ張られ後傾する⇒重心が後ろにかかるので、バランスを取るために肩や顔を前に突き出して前後のバランスを回復させる⇒猫背の姿勢で一日仕事をしている⇒猫背を形成する筋肉トレーニングをしているようなものなので、どんどん猫背が進む⇒歩くのがしんどくなりあまり運動もしなくなる、加齢により筋肉が弱くなる⇒脊柱から出ている神経の圧迫が起こり病気が起こる

以前礒谷療法を勉強に来られた西洋医学の先生が「以前勤務していた病院でぜんそくで重篤な症状の方はみなさん右脚が長くて猫背でした。 礒谷の理論の正しさに驚きました」と言われていました。
illustrain10-byouki01

礒谷理論では右脚が長い人に呼吸器の問題が起こるとしていますが、まず右骨盤が高くなることにより、左に背骨が側弯して、左右の歪みで2倍の圧迫、さらに猫背で前後の歪みで更に2倍計倍の圧迫が起こるイメージですね。

ですから、体の歪みは、それがなぜ起こっているのか正しい認識を持ち、自分の身体のクセを理解し、少しでも身体が整うように生活すれば病気も未然で防げるのです。

 

Recently I wrote an article on the theme of distortion of the body, breast size and height, breast cancer.

However, I listened to the voice saying that the necessity of arranging the distortion of the body “can not understand well”, so add a little supplement.

In the first place, why is it bad if the body is distorted?

The fact that it is distorted is the problem that there is muscle tension, which causes the bone to be pulled and functional obstacles to occur by compressing nerves and blood vessels.

I also saw the site which writes irresponsible things such as “the human body is not subject to the left and right completely in the first place, so it is somewhat different that there is a difference” in the left and right difference of the size and height of the chest However, if you abandon the effort to resolve the left and right difference, the difference will only grow bigger and bigger.

Because it occurs because it does not collapse due to gravity, but distortion happens easily, I will explain with “cat back” as an example.

There was a habit of walking with big legs without much sports, etc ⇒ The outer muscles of peach become stronger than the inner muscles ⇒ The pelvis is pulled and tilted back ⇒ Since the center of gravity is behind, take a balance Stick out the shoulder and face forward to restore the balance between the front and the back ⇒ You are working one day in a posture of stooping ⇒ It is like muscle training that forms a backstroke, so it’s more and more stooping ⇒ Walking It gets tired and does not exercise too much, muscle weakens with aging ⇒ Compression of the nerve coming out of the spinal column occurs and a disease occurs

A Western medicine teacher who came to study Isogai therapy before said “A hospital who used to work previously had severe symptoms with asthma and everyone had long right legs and stooped. To the correctness of Isogai’s theory I was surprised. ”

 

Isogai theory, it is said that respiratory problems occur for a person with a long right leg, but as the right pelvis is first raised, the spine curves to the left, the compression of the left and right distortion twice, further the stoop It is an image that causes further pressure multiplication twice by distortion before and after.

So, the distortion of the body has the right awareness as to why it is happening, understanding the habit of your body, if you live to have a bit of body even a little you can prevent disease.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中