矯正動作、厳禁動作・・・・産前産後・ストレッチ後・温泉入浴後編

onsen_capybara
前回書きました、矯正動作、厳禁動作の産前産後・ストレッチ後・温泉入浴後バージョーンです。

通常の時とあえて別バージョンを紹介するのは、産前産後、ストレッチ後、温泉入浴後の共通点でもある股関節周りの筋肉が柔らかくなっている時は、厳禁動作を行う事により、ダメージがすごく大きくなるからです。

例えば、①「膝が痛くて温泉に入ったら痛みが無くなったので、うれしくなってあぐらをかいて飲食をしていたら温泉に入る前より膝が痛くなってしまった」

②「赤ちゃんに授乳させる時に脚を右に投げ出し、赤ちゃんの頭を右に抱いた横座りをしていたら、右手が腱鞘炎になってしまった」

310f717a

授乳時とかは、あぐらをかき易いですが、出産時にすでに股関節開いていますから、筋肉のアンバランスを作るあぐらは厳禁動作となります。                 

①の例は股関節が開くことによって起こっている膝痛でしたので、モモの前面の筋肉が温泉で柔らかくなりせっかく痛みが取れたのに、柔らかくなった股関節をあぐらでそれまで以上に開いてしまったのが痛みが再発した原因となるのです。

②の場合は出産は股関節、骨盤が大きく動くのでその周りの筋肉も緩んでいますので、出産後の特に赤ちゃんをだっこして、自分の体重以上に股関節に負担をかける時はかなり気を付けないとこのようなトラブルが起こりがちです。
このケースでは、脚を右に投げ出しているので左の股関節を開いてしまい、右重心が得意なので赤ちゃんをだっこする時も赤ちゃんの頭が右に来るようにするのが楽になっています。

そして、出産により開いていた股関節のさらに左股関節を開いたために左骨盤が高くなり、背骨が右に湾曲して右肩が前に突き出すように筋肉の緊張が強くなったために、右手に腱鞘炎が起こっているのです。
(赤ちゃんの抱っこもお母さんの手は常に手のひらが上を向く逆手になるのも腱鞘炎を助長させることになります)

出産後に、それまで無かったような不調が起こっている場合は、こうした動作の不適正による身体の歪みが大きくなっているのです。

そして反対に出産後、つきものがとれたように体調が良いという方は、出産で体が緩むことにより歪みがうまくとれたのです。

また、これらの例とは反対に股関節周りの筋肉が緩んでいる時に矯正動作、厳禁動作を良く守る事は効果絶大となります。

以前湯治場でお会いしたお男性は「俺はヘルニアが有るから疲れて腰が痛むと、温泉に来てきちんと座ってるとだんだん良くなるんだよ!」と言われてました。

この方は経験でこの「きちんと座る」を会得されたそうですが、筋肉が緩んだ時にきちんと矯正動作を行えば効果絶大となるのです。

ですから、最近はやっているインフルエンザで高熱の時は、脚を3か所ギュッと結んでおけば、体を整えるチャンスにすることが出来ます。

Previously written, corrective action, strict prohibit after childbirth, after stretching, after bathing hot spring bath john.

It is common to introduce different versions at the usual time, when the muscles around the hip joint are also soft, which is also a common point after prenatal delivery, after stretching, after hot spring bathing, the damage is very large It is because it is.

For example, ① “When the knees hurt and the pain ceased when entering the hot springs, I felt happy, and when I was eating and drinking and going to eat, my knees became painful before entering the hot springs”

② “When throwing the leg to the right when breastfeeding the baby, when laying the baby’s head hugging to the right, the right hand became tenosynovitis”

The example of ① was a knee pain caused by the opening of the hip joint so that the muscles in front of the peach became soft at the hot springs and it got pain all the time but the hip joint became softened and it opened more than that It is the cause of the pain recurrence.

In the case of ②, because the birth is a hip joint and the pelvis move greatly, the surrounding muscles are also loose, so be especially careful when you strain the baby after giving birth and burden the hip joint more than your own weight Without it, such troubles tend to occur.
In this case, since the legs are thrown to the right, we opened the left hip joint and we are good at right center of gravity so that it makes it easier for the baby’s head to come to the right when leaving the baby.

And because the left hip joint opened, the left pelvis got taller, the tightness of the muscles became stronger as the spine curved to the right and the right shoulder protruded forward, so a tenosynovitis occurred on the right hand.
(Baby’s hug is also the hand of the mother always turning upward with his / her palm always upwards will also encourage tendonitis)

However, contrary to these examples, it is huge to keep corrective action and strict prohibitive action when the muscles around the hip joint are loose.

A man who met in a bathroom before was said to me, “Because I have a hernia so tired and my lower back hurts, coming to a hot spring and sitting properly will get better and better!”

This person seems to have gotten this “properly sitting” by experience, but if you do corrective action properly when the muscles are relaxed, the effect becomes extraordinary.

So, when you have a high fever with influenza you are doing recently, if you tie your legs in three places, you can make it a chance to arrange your body.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中