腰枕の効用と正しい使用方法・・・・70年前にこの先進性!!

262af1ここ10年位でしょうか、仰向けに寝た状態で腰に枕を入れて身体をストレッチする商品がだんだん増えてきています。

礒谷公良先生は、その必要性を70年前に研究して商品化されています。

形状や素材に関しては後追いのもので大変優れているものも有ると思いますが、そのやり方の研究においては、やはり一日の長があると思います。

そもそも腰枕の目的は、脊柱の生理湾曲、柔軟性の回復にあります。
t02200416_0547103513048493140

猫背などの姿勢の狂いのスタートは骨盤の後傾からスタートします。

背骨から歪みはじめるわけではありません。
想像してみてください。
骨盤の大きさ、腰回りの筋肉の強さ、重量の中で2足直立するための脚の筋肉の強さ、土台から積み上がっていくという構造の基本、問題は脚の筋肉のアンバランスによる骨盤の後傾が姿勢の悪さのおお基になるのです。

ですからまず、一番重要なのは腰枕を腰椎に入れるときに脚を結ぶかどうかの問題です。

脚を結ばずに腰枕を入れて腰椎を前弯させると、脚は開きたくなります。
つまり一番矯正しなくてはいけないところを逃がしてしまっているのです。

ためしに脚を結んで腰枕を入れてみてください。

入れない時より腰椎の前弯感が増し、股関節がぐっと内に入る感じがすると思います。

つまり紐で結ぶことにより、股関節周りの骨盤を後傾させた筋肉のアンバランスの問題を矯正することが出来ているということです。

そして、次に大事なのが時間です。

時間は気持ちいいだけで良いんですよ~、と言われると癒し感がありつい納得してしまいそうですが、矯正としては行う時間に理由が有ります。

それは、筋肉だけではなく靭帯までストレッチしないと骨格の矯正においてはロスが大きいと言うことなのです。
21-03-01

体が歪むのは筋肉のアンバランスによって骨が引っ張られることにより起こりますが、その状態が続くと骨と骨をずれないように抑えてくれている靭帯まで弛んだり緊張を起こしたりというアンバランスが生まれます。

そしてその緊張を緩めるのには筋肉とは違い、持続的な力で約10分~15分ストレッチする必要が有るので、礒谷療法の静的力学矯正はどれも10分は行うように考えられているのです。

ですから、無理な高さで5分矯正するより、出来る高さで10~15分行う方が目的の効果を得られるわけです。
sick_straight_neck

最近多いストレートネックも、骨盤後傾、生理湾曲の消失の延長にある問題ですから、首だけでは根本解決はできるわけがありません。

骨盤を起こし、背骨の湾曲が下からきちんと形成されてはじめて首にも湾曲が出来るのですから、腰枕は腰痛などの方だけではなく、首コリ、肩こりの方も積極的にこの矯正を行うといいのです。

Is it about 10 years or so, products that stretch the body by putting a pillow on the waist while lying on his back are gradually increasing.

Professor Kadaya Komori researched its necessity 70 years ago and has been commercialized.

As for shapes and materials, I think that there are things that are very good with later things, but I think that there is still a chief of the day in research on that way.

In the first place, the purpose of the pillow is to restore physiological curvature and flexibility of the spinal column.

The start of the madness of posture such as a hook back starts after the pelvis tilting backwards.

It does not start distortion from the backbone.
Please try to imagine.
The size of the pelvis, the strength of the muscles around the waist, the strength of the muscles of the legs for erecting the two feet in the weight, the basic structure of the structure that builds up from the foundation, the problem is due to imbalance of the muscles of the legs The back of the pelvis is the basis of poor posture.

So, the most important thing is whether or not you connect your legs when putting your pillow in the lumbar spine.

If you put the waist pillow without tying your legs and let the lumbar vertebra fold forward, you will want to open the legs.
In other words, I have escaped the place I have to correct most.

Please try tying the legs and inserting the waist pillow.

I think that the feeling of the front of the lumbar vertebrae increases more than when not entering, and I think that the hip joint will feel much inside.

In other words, by connecting with a string, it is possible to correct the problem of muscle imbalance which tilted the pelvis around the hip joint.

And the next most important is time.

It is good to just have a good time ~ If you are told, you will feel convinced that there is a healing feeling, but there is a reason in time to do as correction.

That is to say that if you do not stretch to the ligaments as well as the muscles, the loss is great in the skeletal remediation.

The body is distorted due to the muscular imbalance caused by the bone being pulled, but if the condition continues, the unbalance of relaxing or straining the ligament that keeps the bones and bones from slipping off born.

And unlike the muscles to relax that tension, it is necessary to stretch for about 10 to 15 minutes with sustained force, so it is thought that every 10 minutes static biodynamic correction of Benya therapy is done It is.

Therefore, rather than correcting for 5 minutes at an unreasonable height, it is better to perform the target effect for 10 to 15 minutes at the possible height.

Recently a lot of straight necks is a problem in extending the disappearance of pelvic posterior incline and physiological curvature, so it is not possible to solve the fundamental problem alone with the neck.

Since raising the pelvis and curving of the neck can be made for the first time only after the curvature of the backbone is properly formed from the bottom, not only the lower back pain, but also the neck collar and the stiff shoulder, if this correction is done positively It is OK.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中