改めて股関節の重要性 2

037-balance_free_image
前回は股関節にはバランスが大切であるという事の話でした。

バランスの話で少し補足しますが、O脚、X脚も股関節周辺の筋肉のアンバランスにより起こります。

つまり脚の外側の筋肉が強ければO脚に、内の筋肉が強ければX脚になるのです。

世の中の殆どの人はO脚ですが、このO脚から猫背は連動して起こりますが、この猫背が殆どの痛み、疾患と関連しているのです。

さて、今回は股関節には柔軟性も必要ですという話から。

特に高齢者では、前に書きましたO脚、猫背が進んでしまった方では、バランスを崩し転倒のリスクが高くなっていますが、股関節が硬いとバランスが崩れた時に転倒しない様にする粘りが無い為に、更に転倒しやすい状態になっていると言えます。

アスリートにおいても下半身の地面を蹴ることによって得たパワーを上半身に伝えるためには股関節が柔軟である事はとても大切な事です。

そして強さですね。

股関節の一番大事な働き、自分の体重を支える、という事の為にはやはり強さも必要です。

柔軟性は、最近の開脚ブーム、ヨガブームなどで重要性が認識されてきていると思いますが、その時にセットで考えなくてはいけないのがこの強さです。

4000年前のインドの人々がどれほどの筋力を持っていたか想像してみてください!

私が訪れた30年前でも、真鍮の水がめに水をくみ頭に載せて坂を延々昇っている方もいらっしゃいました。 
あの広大な大地で生活をする事はどれほどの重労働で、体が硬くなっていたでしょう?

自彊術をやる方は、明治時代の人々がどれほど歩いていたかを想像してみてください!!

明治時代の写真で、山形県酒田の米蔵で働く女性は、背中に60キロの米俵を5~6俵乗せて運んでいました。
もちろんコツもあるでしょうが、現代の女性、いや男性でもそれほど重いものを運べるのはウェイトトレーニングなどを行っている方ぐらいではないでしょうか?

強さが有るから柔らかさも生きてくるんですよ。

ただやみくもに柔らかいと安定が無くなり、股関節がずれ易くなり、様々な症状、疾患、痛みに悩むことになります。

結論、股関節はバランスが良く! 柔らかく! 強い! が大事です。

 

Last time it was a story that the balance is important to the hip joint.

Although I supplement a little with the story of balance, O legs and X legs also occur due to muscle imbalance around the hip joint.

That is, if the muscles on the outside of the legs are strong, they become O legs, and if the muscles inside are strong, they become X legs.

Most people in the world is O legs, but, but stoop will occur in conjunction from the O-leg, is this stoop is associated with most of the pain, and disease.

Well, this time from the story that flexibility is also necessary for the hip joint.

Stickiness, especially in the elderly, before O legs wrote in, than those who had progressed stoop, but has a higher risk of unbalanced fall, to as not to fall when the hip joint and the balance is lost hard Because there is not, it can be said that it is in a state that is more likely to fall over.

Even in athletes it is very important that the hip joint is flexible so as to convey the power gained by kicking the ground of the lower body to the upper body.

And strength.

Strength is also necessary for the most important work of the hip joint and to support your own weight.

Flexibility, recent open leg boom, but I think that importance in such Yogabumu has been recognized, do not we have to think in the set at that time is this strength.

Please imagine how strong Indian people had 4000 years ago!

Even thirty years ago when I visited, there were some who climbed brass water jar and put on the head and climbed up the slope all the while. In case
How hard work was to living on that vast land, did the body get stiff?

Imagine how much people walking in the Meiji period had been walking, if you are doing a self-lief technique! !

In the photograph of the Meiji era, a woman working in rice storage in Sakata Yamagata prefecture carried a 60 – kg rice with 5 – 6 bales on its back.
Of course there may be tricks, but in modern women, or even men, is not it about those who are carrying weight training etc. that can carry so heavy things?

Because there is strength, softness also comes alive.

However, if it is soft and soft, the stability will be lost, the hip will become easy to shift, you will suffer from various symptoms, diseases, and pain.

Conclusion, the hip joint is well-balanced! Soft! Strong! It is important.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中