年頭に当たり股関節の重要性を改めて。

th-at-00177no01nojpg
最近でこそ、股関節の重要性を言う人も多くなってきましたが、やはりまだまだ研究が足りないのが股関節の動きのメカニズムだと思います。

二枚腰、粘り腰、腰を回す、腰を入れる、腰を使う、こうした『腰』と言う名称を使う場合、実はその殆どが股関節の動きの事を表現しているのです。

腰は全ての動きのおおもとですから、つまり股関節は全ての動きのおおもとと言ってもいいのではないかと思います。

そして、その股関節で大事な事は少なくても3つあると思います。

バランスが良い事、柔軟である事、強い事です。

まずバランスの問題ですが、人間は地面に対して重力の影響を受けながら2本足で立たなくてはいけない為に上半身を安定した状態にするためにも2本の脚は均等な長さになっていなければ、その不安定さはどんどん増すばかりになってしまいます。

ここで非常に大事なのは、なぜ脚に長短差が生じるかという事です!!

カイロプラクティックなどでは骨盤が上がると脚は短くなると説明しています。
2足直立するのですから、ベッドで寝ている時にはそういう事も起きますが、立てば短い足側の骨盤は下がるのが理屈です。

礒谷公良先生は、脚に鉛で印をつけて脚の長さをレントゲンで撮影して計り、大腿骨と骨盤を繋ぐ筋肉の緊張が骨盤自体を歪ませて脚に長短差が生じることを発見しました。

つまり足の裏から骨盤の上部までの長さが変化する事を脚の長短差と表現し、その原因が筋肉、靭帯のアンバランスによる股関節角度の転位が原因である事を発見したのです。

そして、このアンバランスを生み出す原因の多くは生活習慣である事も突き止めました。(先天的、事故等の外圧以外は全て)

例えば、いつも右脚に体重をかけている。
そのためにいつも歩きだし、靴を履く、靴下を履く、階段を上るのが体重のかかっていない左脚からになる。

服を着る時にいつも右手から袖を通す。

生活の動きが総てこうした体の歪みを作り、その動作の偏りがさらに体を歪めていくのです。

                                長くなりましたので続きは次回へ。

Recently there have been many people who say the importance of the hip joint, but I think that it is still the mechanism of movement of the hip joint that research is still insufficient.

Two hips, sticky hips, turning the waist, put the waist, use the waist, if you use a name that says these “hip”, in fact, most of which I have expressed that the movement of the hip joint.

I think that the waist is the basis of all movements, that is, the hip joint can be said as the basis of all movements.

And I think there are at least three important things in that hip joint.

It is well-balanced, flexible and strong.

First of all, although it is a matter of balance, since the human being has to stand with two legs under the influence of the gravity against the ground so that the upper body can be stabilized also the two legs are of equal length If it is not, that instability will only increase.

What is very important here is how long and short differences will arise in the legs! !

In chiropractic etc. I explain that legs will be shorter as the pelvis goes up.
Because two feet are standing upright, such things will happen when you are sleeping in bed, but it is theory that the pelvis on the short foot side goes down if you stand.

Isogai Kimiyoshi teacher, measure the length of the leg marked with a lead in the leg and taken by X-ray, that the long and short difference occurs in the leg muscle tension that connects the femur and the pelvis is distort the pelvis itself discovered.

In other words, changing the length from the sole of the foot to the upper part of the pelvis is expressed as a difference in length of the leg, and we discovered that the cause is caused by the dislocation of the hip joint angle due to the unbalance of the muscles and ligaments.

And I also found out that many of the reasons for creating this imbalance are lifestyle habits. (All except for external pressure such as inborn, accident)

For example, I always weight my right leg.
For that purpose always walking, wearing shoes, wearing socks, getting up the stairs goes from the left leg that is not weighted.

Always pass sleeves from your right hand when you wear clothes.

All the movements of life make these body distortions, and the bias of that movement further distorts the body.

I’m getting longer so I will continue to next time.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中