少し前の新聞の健康相談から・・手根管症候群に見る対処療法の怖さ。

CoolClips_medi0452
9年前、指先にしびれが有り手根管症候群と診断され、ブロック注射をして良くなりました。 しかし、2年前から夜中に手がしびれるようになり・・・ 50歳代女性

いかがですか?
このお話に違和感が有りますか?

私は、ものすごく違和感を覚えます。

9年前に良くなっているのなら、再発して新聞にお尋ねをしないのではないかと思うからです。

まずブロック注射は痛みを止めているだけで問題を解決しているわけではないですよね。

更に、もし9年前の治療が正しいものなら、また治療を受ければいい訳ですから、今回新聞のお医者さんに質問されているという事は、前回の治療を受けてもうまくいっていないという事だと思います。(つまり症状が進行していると考えられます)

結局この質問を受けられたお医者さんは「この病気は男性より女性の方が発症しやすく、コンピューター作業などの手を使う仕事の人がなり易い」と言われ、手術を勧められていました。

確かに手術で痛みを取るのも選択肢ではありますが、この手術にしても結局は対処療法にしかすぎません。

それは「コンピューター作業の人に多く…」と言われている点でも、結局原因を理解していないという事が良くわかります。

コンピューター作業をしているから、手根管になるのではなくて、姿勢が悪いから、前肩になっているから発症してしまったという理解が欠如していれば総ては対処療法の域を出る事はありえません。

痛みが強ければその痛みを消すための対処療法も仕方がないとは思いますが、手根管を発症する前に必ず、肩こりや首のこり、指のこわばり、握力減退、軽い指先のしびれ、姿勢の悪化による腰痛、背痛等のサインが有ったはずです。

そのサインにきちんと手当をしなかったために症状が進んでしまっていると考えると、ここでさらに対処療法だけでは、次にはもっと重大な問題が起こってしまうかもしれません。

例えば、もし右手に症状が出ているなら、消化器、婦人科系にトラブルが起きやすいはずです。
左手に症状がだているなら、呼吸器、循環器にトラブルが起きやすいのです。

その痛みやしびれが出ている原因をしっかりと理解して、きちんと根本療法で完治させましょう!!

Nine years ago, my fingertip had numbness and I was diagnosed with carpal tunnel syndrome and I got better with block injection. However, my hands have been numbered in the middle of the night from two years ago · · · 50s female

How is it?
Does this story feel uncomfortable?

I feel awfully uncomfortable.

If I am getting better by 9 years ago, I think that I will not recur and ask the newspaper.

First of all, block injection does not solve the problem just by stopping the pain, do not you?

Furthermore, if the treatment of nine years ago is correct, it is a good translation as long as you get treatment, so that the doctor in the newspaper asked questions is that it did not go well even if receiving the previous treatment I think. (It is thought that symptoms are progressing)

After all, the doctor who received this question said that “This disease is more likely to occur for women than men, people with jobs such as computer work are easy to work”, and surgery was advised .

Certainly it is an option to take pain by surgery, but even with this surgery, it is only a countermeasure therapy in the long run.

Even in that it is said that “people in computer work are more …”, I understand that you do not understand the cause after all.

Because I am doing computer work, I do not become a carpal tunnel, but because my posture is bad, as long as my understanding that it has developed since I am a front shoulder is lacking, everything is in the area of ​​countermeasure therapy It is impossible to leave.

If the pain is strong, there is no point in dealing with coping therapy to erase the pain, but before you develop a carpal tunnel, be sure to have shoulder stiffness, stiff neck, finger stiffness, grip strength diminished, numbness of light fingertips, posture There should have been signs of back pain, back pain etc due to deterioration of.

If you think that the symptoms have progressed because you did not pay attention to that signature, then more serious problems might occur next, just by coping therapy alone.
For example, if symptoms appear on the right hand, troubles should easily occur in gastrointestinal and gynecological systems.
If you have symptoms on your left hand, trouble is likely to occur in respiratory and cardiovascular facilities.

Let’s firmly understand the reason why the pain and numbness are coming out and let it be completely cured by fundamental therapy! !

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中