早朝高血圧はなぜ起きるのでしょう、一考察。

12265896
朝に血圧が高くなる早朝性高血圧、高血圧治療を受けている方の約半数の方が該当するようです。

なぜ、朝に血圧が高くなる人が多いのでしょうか?

それは、寝ている時は副交感神経が優位だったのが、起きて活動を始めると交感神経優位に変わるから、と言うのが一般に言われている理由のようです。

確かにそれも一つの理由かもしれませんが、当院で推奨している膝抱え運動を毎朝行う習慣にすると、その他にも体に影響しているのではないかなと思われる事実を発見します。(膝抱え運動とは、あお向けに寝て膝の上を紐で結び、両膝を自分の胸に近づけるように小刻みに動かし、股関節、骨盤、脊柱を緩ませるための非常に効果の高い運動です)

それは「朝は身体が硬い!!」という事です。
日中は膝が胸まで簡単につきますが、朝はかなり時間をかけないと同じようにはなりません。

人間は動くことによって身体を柔軟に保っているんだなと、と分かります。

数時間寝て、筋肉は使っていないのだから柔らかくなっていそうなものですが、実際は逆に硬くなっているんですね。

ですから、この朝の体の硬さが血圧も高くしていると私は思うのです。

それは、つまり筋肉の緊張が血管を圧迫して血流が悪くなっていたり、体液の流れが動かない事によって悪くなっている為に、体が血を流すために一生懸命働いてくれて得いる結果もあると考えるからです。

礒谷公良先生も、その説明図の中で長い脚の反対側に高血圧が起こると書かれていますが、これも重力の影響下で身体の均衡を保つために起こる自然な筋肉の緊張によるものであると理解しています。

血圧

左脚が長い人の場合、青丸の様に上半身右側に筋肉の緊張は起こり、その影響で右半身の血圧は上がる、としています。          

そもそも、年齢と共に血圧が高くなるというのもこの体の硬さと連動していると感じてもいます。

もちろん、一般に言われているようにストレス、食事、飲酒、遺伝的要素など様々な要因はもちろんありますが、それらと同様に身体の柔らかさも関係していると思うのです。

ですから、運動が高血圧に良いと言われているのは、ストレス発散、体重のコントロール、神経の安定、血流促進等と共に身体を柔らかくするという事も大きな理由となるのです。

そして折角運動するなら、体の左右差を取り除くためのものが最高なのは言うまでもありません。
身体の左右差=筋肉の偏った緊張なのですから。

 

Approximately half of those receiving early morning hypertension, hypertension treatment that blood pressure rises in the morning seem to be applicable.

Why are there many people who have high blood pressure in the morning?

That seems to be the reason why it is commonly said that parasympathetic nerves predominate when they are sleeping, because when they get up and start activities they change to sympathetic dominance.

Certainly it may be one reason, but if we adopt the horseshoeing movement recommended at our hospital every morning, we will discover the fact that it affects the body more. (Knee holding movement is a highly effective exercise for loosening the hip joint, pelvis, and spinal column, wiggling as if you sleep on your back and tied on the knee with a string, bringing both knees closer to your chest )

That means “the body is hard in the morning !!”

I understand that humans move and make the body metabolize.

As I slept for several hours, I do not use muscles, so it seems to be softening, but in reality I realize that the body is hard.

When I wake up as a sleeping dog or cat, I stretch my body first by stretching, but it is not actually the same between resting my body and softening it.

Therefore, I believe that this body’s hardness makes blood pressure higher.

That is, the muscle tension is getting worse due to pressure on the blood vessels and the blood flow is deteriorating, and the flow of body fluids is getting worse, so that the body works hard in order to shed blood I think that there are results.

Professor Kimiyoshi Isosgai also describes that hypertension occurs on the opposite side of the long leg in the explanatory diagram, but this is also due to natural muscle tension that occurs to maintain the balance of the body under the influence of gravity I understand that.

In the first place, I feel that increasing blood pressure with age also interlocks with the hardness of this body.

Of course, there are various factors such as stress, diet and drinking as is commonly said, but I think that the softness of the body is also related to them or more.

So, it is also a big reason why exercise is said to be good for hypertension, softening the body with stress divergence, weight control, nerve stabilization, blood flow promotion and so on.

And, if you are going to do a bending movement, it is needless to say that the one for removing the left and right difference of the body is the best.
The difference between the left and right of the body = muscle biased tension.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中