リュックの背負い方+スマホ

mig
若い人を中心に多くの人がリュックをずいぶん下げて背負ってますよね。
山登りの経験がある方にはあり得ない背負い方ですが、どれほど姿勢などにダメージが有るかちょっと実験してみました。
11
リュックの中には10キロの砂袋を入れました。
重心が下がると身体を前傾させて後ろに倒れないようにしないとバランスが保てません。
私の場合は顔を前に突き出すようにしてバランスを取っていますが、かなり疲れと腰の緊張を感じました。
この様な姿勢を長く続ければ、肩こり、首こりから頭痛と問題が出てきてしまいます。

最近は姿勢の悪さから中学生でも痛みどめを常用しているという怖い話を聞く事が有りますが、若いうちからそんなことを習慣にしていたら大変な事になります。

また、この重さを感じるという状態は身体が不安定になるので、脚の外側の筋肉を使い安定させようとしますから、脚は開いてしまうのです。

これは、重たいものを持つ時に左右の足を開いて持ち上げますよね。
足を閉じると底面積が狭く力が入りません。

P10106682
同じ重さのリュックですが、ベルトを引き上げて重さの中心を上に上げると、重さを感じなく楽に背負えます。

普段はこれほどの重さのものを持たないからあれだけ下げても大丈夫なのでしょうが、体には同様の負担をかけているのです。
更にこの猫背状態でスマホを見るとどうなるでしょうか?
111

リュックの重心により既に前傾している身体の状態でスマホを見ようと、腕を前に突き出すと更に前肩が悪化します。
P1010661 バランスのいい状態でスマホを見ると、自然にいい姿勢になります。

学校への通学など、この様に10キロなんて重さじゃないと思われるかもしれませんが、毎日の事ですから、体へのダメージは徐々に蓄積してしまいます。

背負い紐の調節機能が付いたリュックで、体のバランスを崩さない様にきちんと背負いましょう!!

Many people, especially young people, are dragging their backpacks far enough.
It is not possible for people who have experienced mountain climbing, but I tried a bit of experimentation on how much damage it has in posture and so on.

I put a 10 kg sandbag in the backpack.
Balance can not be maintained unless the center of gravity goes down so that the body does not tilt backward to prevent it from falling backward.
In my case I balanced by making my face protrude forward, but I felt tension very much and tired of the waist.

Also, the state of feeling this weight makes the body unstable, so I try to stabilize the muscles on the outside of the legs.
When you have a heavy thing, you open the left and right feet and lift it.
When the foot is closed, the bottom area is narrow and no power enters.

It is a backpack of the same weight, but if you raise the belt and raise the center of weight up, you will feel comfortable without feeling the weight.

Usually I do not have this weight w, so it will be okay even if you lower it, but the same burden is put on my body.
What happens when you look at a smartphone with this backstop?

Trying to look at the smartphone with the inclination of the backpack already due to the center of gravity of the backpack, if the arm is protruded forward, it will worsen further to the condition of the front shoulder.
Looking at the smartphone in a well-balanced state, it will be naturally a good attitude.

It may be thought that 10 kilometers like this is not a weight like school attendance, but as it is everyday, damage to the body gradually accumulates.

Luck with a backpack string control function, let’s carry it neatly so as not to destroy the balance of the body! !

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中