きちんと歩かないと、もったいない!!

008251.smpl

この様なT字型の1本杖は、かなりうまく使わないと身体が歪みやすくなります。 長さも短めなので猫背になり易く骨盤が動かなくなりますし、骨盤の出方にも悪影響が出易いのです。                  

今朝、通勤中に一生懸命歩いていらっしゃる方をお見かけしました。

私と同年齢ぐらいの男性でしたが、傘を杖にして、横断歩道を青信号になってすぐ渡り始め、赤になっても渡り切れない位のスピードで歩かれているのです。

勝手な想像ですが、脚の筋肉を弱らせないために、一生懸命歩いていらっしゃるという風に見えました。

確かに、歩くのは良いのですがもう少し意識をすれば、安全で本当に必要な筋肉の強化が図れるのに、残念に思いました。

まず①傘を杖にするのは大変危ないですし、いい姿勢にはなりませんので、きちんとT字ではない2本杖を使われることをお勧めいたします。 以前も書いたのですが患者様のおば様が傘を杖にしていて滑って転倒して骨折をしたと言うお話を聞いたことが有ります。 杖には抵抗があるのかもしれませんが、傘は強度と長さに問題が有ります。

pole-walking_12538-450x337

②骨盤が全く動いていないので、使う筋肉が限定されていて、しかもすでに強い筋肉しか使われない歩きになっていました。 せっかく歩いても筋肉のバランスが悪くなっては、ますます歩きがつらくなってしまいます。 ちょっとしたコツと、正しい筋トレで歩行はぐっと変わります。 先日も変形性股関節症の患者様にリハビリで取り組んでいる筋トレの内容をお聞きすると、その方の股関節は内旋と言う内に捻じれる癖が非常に強い事によって変形までしているのに、内に捻じる筋肉のトレーニングをやる様に指導していました。 この様に全く的外れのトレーニングを推奨するケースでなくても、脚の筋肉万遍なく鍛えると言う様なリハビリは日常茶飯事です。 しかし、考えてみてください、脚の筋肉のバランスが悪かったから骨が変形してしまったり、歩きずらくなっているのに万遍なくで状態を修正できますか? 強い筋肉がますます強くなってしまえば、バランスはさらに悪くなります。 当院の患者様でも『歩いていれば屈伸運動(筋肉のバランスを回復するのに世界最高の運動!!)はやらなくていいと思った』 と言う方もいらっしゃいますが、パーフェクトに歩ければ確かにそうなのですが、完璧に歩くのは至難の業なんです。 かりにご本人が完璧に歩けたとしても歩く路面に凹凸が有ったり、傾斜が有りますから、かなり難しいです。

 

I saw someone walking hard this morning while commuting.

It was a man about the same age as me, but with an umbrella as a cane, I began crossing the pedestrian just after becoming a green light, and I was walking at a speed that I could not cross over even if I turned red.

As a selfish imagination, it seemed like walking hard so as not to weaken the leg muscles.

Certainly, it is good to walk, but I was sorry to be able to strengthen muscles that are safe and really necessary if I a little more conscious.

First of all, it is very dangerous to put an umbrella as a cane and it will not be a good posture, so we recommend that you use two canes that are not properly T-shaped. As I wrote before, I have heard a story saying that the patient’s aunt had a umbrella as a cane and slipped and fell down and fractured. There may be resistance to the cane, but the umbrella has problems with strength and length.

② Because the pelvis is not moving at all, the muscles to use are limited, and it was already a walk that only strong muscles are used. Even if you walk a lot, your muscular balance will become worse, and walking will become increasingly difficult. A bit of tricks and walking with a correct muscle tray change a lot. When I listen to the contents of the muscle training that is working on patients with degenerative hip arthritis by rehabilitation, their hip joints are deformed by the very strong habit of being twisted within the meaning of inner rotation. He instructed me to do muscle training that twists inside. Even if you do not recommend exceptional training like this, rehabilitation that says muscles of legs are trained thoroughly is a daily routine. But please think about, because the balance of the muscles of the legs was bad, the bones are deformed or you are having trouble walking, can you correct the condition all the time? Balance will be worse if strong muscles become stronger and stronger. Some patients say that “I thought that if you are walking, you think that you do not have to do the world’s best exercise to restore muscle balance !!” Some patients say that if you can walk perfectly Although it is so, it is difficult to walk perfectly. Even if the person himself can walk perfectly, there are irregularities on the road surface and it is quite difficult because there is a slope.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中