長引く腰痛の意外な新原因は股関節、って70年遅れてますよ~。

2486647
腰痛の新原因として『股関節』が注目されています?
礒谷公良先生は70年前から言っているんですが・・・新原因ですか?
かなり前になりますが、6月10日に放送された「みんなの家庭の医学」での内容です。

そして、股関節の問題は骨盤にその原因が有りました!と続くのですが・・・逆です!!

何で骨盤が歪むのかその原因は全く説明されていません。

股関節で大腿骨と骨盤を繋ぐ筋肉のアンバランスにより、骨盤の歪みが起こるのです。
こうした、ボタンのかけ違いが考え方の始まりにあると、その対処法などにもどんどん間違いが連鎖しますから注意が必要です。(例えば椅子に座って脚を組むから股関節の角度に左右差が生じ、脚の骨と骨盤を繋ぐ筋肉に偏った緊張が骨盤を歪ませるのです)

この時も、腰痛の原因は①臼蓋形成不全②骨盤の後傾としていますが・・・・

原因の一つ目、臼蓋形成不全は確かに脚の長短差の原因になり易いので、腰痛の原因になる可能性はありますが、それならペルテス氏病、変形股関節症、脱臼と全ての股関節疾患が原因になり得るので、あえて臼蓋形成不全だけを原因にあげるところが疑問ですし、こうした股関節疾患が無くても生活習慣だけでも股関節は歪むのです。

2番目の原因は、骨盤の後傾だそうですが、これこそ原因として一番だと思います。
スマホ姿勢の悪さ

しかし、骨盤が歪むから股関節が・・・で理論が始まってしまっているので、その予防法は全く的外れ、下手をするとさらに痛みが増している方も多いのではと心配です。

番組で紹介している運動は
①椅子に座って股を閉じたり開いたりするものです・・・得意な筋肉が多く使われますから長く続けるとバランスはさらに悪くなります。 O脚と股関節の関係を理解していません。

②椅子に座りおなかを引っ込める・・・腹筋を鍛えると、ますます骨盤は後傾します。 つまり猫背が悪化するのです。 猫背の原因を理解していません。

③床に座り脚を開いて投げ出し、片脚づつ内に捻じる・・・臼蓋形成不全が原因と言っておきながらこれはまずいですよ!!
臼蓋形成不全が有る股関節は内旋といいうちにねじれる傾向が有りますから、この体操をすれば痛くなかった股関節まで痛くなる可能性が非常に高いです。 股関節の事、臼蓋形成不全を理解していません!!

Is “hip joint” attracting attention as a new cause of low back pain?
Professor Kotaru Ushidani has been saying for 70 years ago · · · New cause?
It will be quite a while ago, it is the contents of “Everyone’s home medicine” broadcasted on June 10.

And the problem of the hip was caused by the pelvis! I will continue … but the opposite! !

The cause of why the pelvis is distorted is not explained at all.

The unbalance of the muscles connecting the femur and the pelvis at the hip causes distortion of the pelvis.
If such a mismatch of buttons is at the beginning of the way of thinking, caution is necessary as the mistakes will be more and more chained to their coping methods. (For example, because we sit on a chair and legs are assembled, left and right differences in the angle of the hip joint occurs, and biased tension in the muscles connecting the bones of the legs to the pelvis distorts the pelvis)

Even at this time, the cause of back pain is (1) acetabulum incompetence (2) backward inclination of the pelvis · · ·

The first cause, the acetabular dysplasia is likely to cause the difference in length and shortness of the legs, so there is a possibility that it may cause back pain, then, if Pertates’ disease, hip osteoarthritis, dislocation and all hip diseases It is doubtful that it only dysfunctions of acetabular dysplasia, so it is doubtful that the hip joint will be distorted only by lifestyle habits even without such hip joint disease.

The second cause seems to be a backward tilting of the pelvis, I think this is the most important cause.

However, because the pelvis is distorted, the hip joint … … the theory has begun, so that prevention method is totally out of place, and I am worried that there are more people who are getting more pain if they do not do well.

The exercise introduced in the program
① Sitting in a chair to close or open the crotch · · · Because good muscles are often used, the balance will be worse if you continue for a long time. I do not understand the relationship between O leg and hip joint.

② Sitting in a chair and withdrawing stomach · · · When strengthening the abdominal muscles, the pelvis tilts more and more. That is, the back hurts worse. I do not understand the cause of stoop.

③ Sit on the floor, open the legs, throw them out, twist them one by one in the legs … This is bad as they say that the acetabular dysplasia is the cause! !
Since there is a tendency of the hip joint with acetabular dysplasia to be twisted while it is inner rotation, there is a high possibility that hip joints that did not hurt when this gym was done hurt. I do not understand hip joints, acetabular dysplasia! !

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中