子供の股関節成長痛

friends_kids
子供の股関節痛にはいくつかの理由が有ります。
まずは病院で受診して、レントゲン等で確認するのが一番だと思います。

その中で、成長痛の場合(成長痛以外でも同様ですが・・・)

成長痛は3~10歳ぐらいに多く、夕方から夜之30分位痛み、寝ると翌朝には痛みが無くなっているというパターンが特徴と言われていますが、正確な定義付けは無く、脚などに現れる原因不明の痛みの総称として使われる診断名という事です。

そしてその原因は、骨の成長に筋肉の成長が追い付かない、日中に使い過ぎた筋肉の筋肉痛、ストレスによるものと言われています。

確かに、そうした事も原因の一つでしょうが、根本的に考えなくてはいけない事が有ります。

それは、その子が正しく歩けているか?
正しく座れているのか?

という事です。

スポーツなどでは、間違ったフォームで競技をすれば、痛みや故障が起こりますし、場合によってはパフォーマンスも上がりませんよね?

では、なぜ生活ではそういう風に考えないのでしょうか?

また、考えたとしても、どういう風に指導をすればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

股関節は人体で最大、最強の関節ですから、そこが痛んでいるという事は、少なからぬ歪みが有ると考えられます。

成長期に起こる代表的なトラブルオスグッドなども明らかに股関節の影響があると当院では考えていますが、痛みが出ていることをそうした生活習慣を改める大事なチャンスととらえて是非、根本的に身体のクセを取り除きましょう!!
id102-1

子供は先が長いですから、痛みが取れればいいやで過ごしてしまう事が一生の間に多大な損失を生むことも懸念されます。

大事なのは原因を取り除く事です。

There are several reasons for hip joint pain in children.
First of all I think that it is best to see a doctor at a hospital and check with X – ray etc etc.

Among them, in case of growing pain (although it is similar to growth pain, but …)

Growth pain is often around 3 to 10 years old, it is said that the pain is characterized by a pain of about 30 minutes at night from evening, and the pattern that the pain disappears the next morning, but there is no precise definition, legs etc. It is a diagnosis name that is used as a generic name for unknown pain that appears in the body.

And the cause is said to be due to muscle pain, muscle pain which is used too much during the day, stress, muscle growth does not catch up with bone growth.

Certainly, that is one of the reasons, but there are things that must be fundamentally considered.

Is that child walking correctly?
Are you sitting correctly?

It is that.

In sports etc., if you compete in the wrong form, pain and breakdown will occur, and in some cases performance will not rise, right?

So why do not you think about that in your life?

Also, even if you think about it, many people do not know how to teach them?

Since the hip joint is the largest and the strongest joint in the human body, it is thought that there is considerable distortion that there is pain there.

Representative troubles occurring in the growth period, such as Osgood, are clearly thought to be affected by the hip joint, but we think that it is an important opportunity to revise the lifestyle that caused pain so that it is fundamentally Let’s remove the habit of the body! !

Children are long in the future, so it is feared that losing yourself because you only need to get pain can result in a lot of losses in your life.

The important thing is to get rid of the cause.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中