歩き方の習得。

24686908_624

十人十色、色々な歩き方がありますね。

ある患者様が以前、行かれた整体院で「スキップが出来たら、うまく歩けますよ」と言われたそうです。

この患者様は、両変形性股関節症で、杖を使うか、つかまり歩きしかできない状態なのにです。

その方は怒って2度と行かなかったとおっしゃられてました。

どういう文脈で言われたひと言かは分かりませんが、ちょっと誤解を招くような軽率な一言だったと思います。

私も言葉の選び方は難しいな~と常日頃考えております。

当院でも「このように歩いてくださいね」と歩行の指導をしますが、時々「そんな風には歩けません」と言われる方がいらっしゃいます。
私の言い方も良くないところがあり、こちらのニュアンスがうまく伝わらないと気があるかもしれませんが、あせる必要は全くありません。

出来ない事を無理にやっていただくわけではありません。
出来ないことを出来るようにするための、方法と方向性の指導なんですから。

歩きは長年の習慣で、自分流の癖が強くついていますから、そんなに早くに改善出来ないのが当たり前とお考えください。
それでも、コツコツと続けていただければ必ず習得できます。

「正しい歩き方」の基本理論はそれほど難しくは無いのですが、今までやって無い事をやる訳ですから、感覚的には何か新しい習い事でもする感覚で取り組んでいただけるといいと思います。

特に股関節疾患や股関節脱臼の方は正しい歩き方をすることで正しい筋肉の発育が促されて、痛みが有る方は痛み無く歩けるようになる好循環を作るのです。

筋肉と習慣を作り変える為には、毎日続けるのが大事です。

「歩ける」という事は本当にありがたい事です。
出来るなら、天寿を全うするまで、歩きたい、とだれもが望むと思いますが、そのためには多少の努力が必要なのです。

A patient seems to have been told that at a Bodai in the past, “If I can skip, I can walk well.”

This patient is both hip osteoarthritis, you can only use walking sticks or you can only walk by grasping.

He was told that he was angry and had not visited again.

I do not know the context in which the word was told, but I think that it was a rash word like a misunderstanding.

I am always thinking about how to choose a word is difficult ~.

In our hospital we also teach walking “Please walk like this”, but sometimes there are people who are said to “I can not walk like that” from time to time.
My way of saying is also bad, you may feel that this nuance does not convey well, but there is absolutely no need to give it up.

I do not force you to do things you can not do.
It is a method and direction guidance to make things that you can not do.

Walking is a custom of many years, since my habit of habit is strongly attached, please think that it can not be improved so early.
Still, you can always master it if you continue with it.

The basic theory of “the correct way of walking” is not so difficult, but since it is a translation that you do not do until now, I think that you can feel it like working with a new sense of learning somewhat.

Especially for those with hip joint disease and hip joint dislocation, correct muscle development is encouraged by doing the right way of walking, and those with pain will be able to walk without pain.

In order to change muscles and customs, it is important to continue every day.

“It is truly appreciated to be able to walk.”
If possible, I think that everyone wants to walk until it fulfills Tenju, but to do that requires some effort.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中