介護になる前に!…予防に勝る治療なし!

1809323
私の父は脳梗塞で3年寝たきりで亡くなりました。
3年間一度も立ち上がることも出来ない姿を見ているのは大変つらいものが有り、もっと倒れる前に出来る事はなかったかな?と考えました。

父は以前にがんも患っていたりしたので、気力が無く、又西洋医学を盲信しているところが有ったので、なかなか私の言う事は聞いてくれませんでしたので、仕方が無かったかな?と思う反面、何か方法は無かったかな、と時々考えています。(病院に頼んで紐結びの許可を得たのに、本人がつらいからいやだと言いやりませんでした)

「お父さん歩こうよ、朝一緒に歩くからさ」と言うと「歩くと苦しんだよ」

「食事に玄米取り入れるといいよ」と言うと「何が悲しくて、せっかく白いご飯食べられるのに玄米食べるんだ? 俺はもう十分生きたから、無理に嫌いな事やっつて長生きしよと思わない」(これは、戦争中食べたい盛りに食べ物が無かった世代の方からは良く聞く話ですよね、気持ちは分かるのですが・・・)

「薬の量多いよ、副作用もあるんだから減らせないの?」 「先生が必要と言うんだから大丈夫。 脳梗塞で倒れたくないからな」

「テレビ見る時は、もうちょっと正面から見て背中も伸ばすといいよ」 「あ~、あとでな」

総てがこんな調子でしたから、この様な会話を幾度かしているうちに、私も説得をあきらめてしまいました。

しかし・・・・

今にして思うと、全く後の祭りではあるのですが、もう少し時間をかけてきちんと説得は出来なかったかな?と思う事もあるのです。

当院で取り組んでいただくためにはご本人様のご自覚が必須にはなりますから、ご自分の健康は人任せ、と言うタイプの方には正直無理だと思いますが、太極拳やジムでのトレーニングなどをやられる方の様な、ご自分で健康を作るという意識がお有りになる方にはぴったりはまります。

是非、ご両親や身近な方で、膝が痛い、腰が痛いと言う様な整形外科的な痛みが慢性化しかけている方がいらっしゃいましたら、体の歪みを取り除く習慣をトータルにサポート実践できる当院の矯正をお勧めになってみてください。

体の歪みは、対処療法で過ごしていると、時間の経過と共に、内臓疾患、そしてアルツハイマーや痴呆症、脳梗塞、くも膜下出血と怖い病気の入り口なのです。

とくに脚、足の痛みや不調は歩く距離がダイレクトに減りますから、脚腰の一番強い筋肉が弱くなり、歩行距離がますます減り、体温が下がり、代謝が悪くなるという恐ろしい負の連鎖を作るのです。

当院では矯正、運動、食事、薬、など生活習慣をトータルにアドバイスさせていただいております。

予防に勝る治療なし!!ですよ。

My father passed away in bed for three years due to a cerebral infarction.
Looking at the figure that can not stand up even once in three years is a very hard thing, has not it been possible to do before more fall? I thought.
My father was also suffering from cancer before, so I had no energy and I had a place to blind the Western medicine, so I was not quite listening to what I said, so I guessed it was unavoidable What? On the other hand, I sometimes think that there was not any way. (I asked the hospital and got permission to tie, I did not say I do not want it because he is painful)

“Let’s walk on a father, I will walk with you in the morning”, “I suffered when walking”

“I hope you can incorporate unpolished rice into your diet”, “What is sad and you can eat brown rice to eat white rice precisely? Because I’ve lived enough already, I do not think you will live long enough to forcibly dislike things “(This is a story to hear from generations who did not have food in the height of wanting to eat during the warfare, I understand their feelings …)

“Do you have a lot of medicine and there are side effects too, so you can not reduce it?” “It’s okay as the teacher says it’s necessary, I do not want to fall down due to cerebral infarction”

“When watching TV, you better extend your back as you look from the front a little bit further.” “Oh, later.”

Since all of them were in such a condition, I repeatedly tried such a conversation several times, and I also gave up on persuasion.

However····

If I do it now, it is a late festival, but I wonder if I could spare some time and persuade neatly? There are things I think.

Because our own awareness becomes essential in order to work at our hospital, I think that it is impossible for you to say that your own health is important, but training with Tai Chi and Jim etc. It fits perfectly for those who make their own efforts.

By all means, if there are some parents and familiar people who are having chronic orthopedic pain such as knee hurting, waist hurting, and so on, we can practically support total habit of removing body distortion Please try to recommend our hospital correction.

The distortion of the body is the entrance of time, with the passage of time, internal organs diseases, Alzheimer’s, dementia, cerebral infarction, subarachnoid hemorrhage and fearful diseases.

Especially because the walking distance of the legs and legs decreases directly, the strongest muscles of the legs are weakened, the walking distance decreases more and more, the body temperature falls, the metabolism worsens, the horrible negative chain Make it.

In our hospital we advise total lifestyle such as correction, exercise, meal, medicine etc in total.

There is no treatment superior to prevention! ! you know.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中