臨床例

t02200277_0499062911396487686
「最近歩くと足の甲の外側が痛い」と言う患者様がいらっしゃいました。
足を拝見すると、足には外反母趾、巻き爪もあり、小指側に足首も曲がり明らかに小指側に体重がかかってしまう外荷重、O脚と判断し、矯正を行いましたが症状の改善は一時的ですぐに元の痛い状態に戻ってしまいました。

何故かと思い、いろいろお話をお聞きすると、病院の勧めでオーダーインソールを靴に入れていらっしゃるのが分かりました。(いつも靴はフラットなものをお勧めしていますので、大丈夫と思いチェックが甘かったです)

拝見すると、病院でも同様に「小指側が痛い」と訴えられたそうですが、何と土踏まずを極端に押し上げて外荷重を更にひどくしてしまうインソールでした。

はじめに発見できなかったことをお詫びして,その場ではずしていただきましたところ、次に来ていただく時には「痛みは完全に消えた」との事でした。

この様なインソールによるトラブルは良くあります。

スポーツシューズなどでも、その人の歪みに合わせたインソールや靴の内部の作り方は、履いた時にフィット感が有りますが、体の歪みを大きくするばかりです。

中敷きで身体を整えるのはなかなか難しいと思います。

なぜなら足首の状態は股関節の状態の反映なのですが、股関節の周りの筋肉に比べて筋肉がそれほど強くはないので、インソールで足首の状態を変えても、その上につながる膝や股関節の状態を変えるにはかなり注意深く慎重に少しづつ変えていく必要が有るからです。

私も以前自分でインソールを作り研究した時期が有ったのですが、踵の位置を少しオーバーに良い位置に戻し過ぎて足底筋膜炎を起こしてしまう事もありました。

中には優れたインソールもあると思いますが、極端に土踏まずを押し上げたり、高低を付けたりするものは疑ってみてください。
また、今現在のご自分の身体に歪みが有るならば、足の裏にもその状態は確実に反映していますから、今の足裏の状態に合わせて履き心地が良い、フィットすると言うものは、ちょっと疑ってみてください。
そして入れてみて、具合が悪いならすぐに外す事です。

当院ではインソールは基本的におすすめしていません。
それよりも、自分の筋トレで肉体改造をしていただいた方が確実で効果的だからです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中