三島由紀夫さんのケースに見る、右脚の長さと身体のクセ。

三島1

◎顔が右に傾いている
◎左の頬が大きい
◎左口角が高い
◎鼻が右に曲がっている
どれも右脚が長く右骨盤高位のバランスを取るための脊柱の歪み、頭がい骨の歪みの結果が顔に現れたのです。
ここで、この体の歪みが三島さんの健康にどういう影響を与えたのかをwiki から抜き出してみました。

赤色の部分は特に右脚が長い人に起こり易い呼吸器のトラブルとなります。

体重は650匁(約2,400グラム)だった。

5歳の時は自家中毒に罹り、死の一歩手前までいく。

初等科1、2年、自家中毒や風邪で学校を休みがちで、4年生の時は肺門リンパ腺炎を患い、体がだるく姿勢が悪くなり教師によく叱られた。
虚弱体質で色が青白く、当時の綽名は「蝋燭」「アオジロ」であった。(ひどいですね(T_T))

1945年(昭和20年)、風邪で寝込んでいた母から移ったせいで、気管支炎を起こし眩暈や高熱の症状を出した。

晩年のマッチョな肉体からは想像できない虚弱な幼少時代を送っていることに改めて気づかされます。

そして、やはり右脚が長い為に呼吸器のトラブルを患いやすい傾向にあったと言えると思います。

ですからこの時期から風邪をひき易い、風邪が長引く、風邪がこじれる,ぜんそくを含めて咳がひどいなどもこの右足が長い事により起こり易くなっています。

(余談ですがYMOの細野晴臣さんが「体の歪みが有るから創作が出来るんで、歪みが無くなったら創造出来ない」と言う様な事を言われてた言葉を思い出しました。 コンプレックスや満たされない思いを解決する手段が三島さんには文学や思想だったんでしょうね)

今日は右脚が長い事と病気の関係のモデルとして三島さんにご登場を願っていますが、この右足が長いという事が生活にどのように影響が出るのかを見てみましょう。

毎日、繰り返し繰り返し無意識で行っている動作により、こうした体の歪みはどんどん大きくなり、そして筋肉が衰える年齢になるとバランスが極端に崩れ様々な病気が発症するのです。

86816fab74c1f46f3ec759ee49eee282

左頬杖で左の頬骨を押し上げています。 重心が左にある事、左肩が前に出易い癖も右脚が長い事と関係しています。

c0287367_3533889

お若い時ですね。 正面から撮影していますから左右の足の開きがはっきり分かりますね。 右脚の方が明らかに開いています。 まだ肉体的なトレーニングの前なので顔の左右差もはっきりしてますね。

73ee181d89e63c809d832fe3abd45c41

こういうリラックスして自然に立った時が一番はっきり分かりますね。 ザ・左脚重心!! でもトレーニングでお顔の左右差はすっきりしてきているように見えます。

◎ The face is tilted to the right
◎ The left cheek is large
◎ The left mouth corner is high
◎ The nose is turning to the right
The result of the distortion of the spinal column and the distortion of the head bones to show the balance of the right leg long and the right pelvis high in every case appeared in the face.
Here, I tried to extract from the wiki what the distortion of this body had on the health of Mr. Mishima.

The red part is a trouble of the respiratory tract which is liable to happen especially to a person with a long right leg.

He weighed 650 匁 (about 2,400 grams).

The 5-year-old authority is suffering from self-addiction and goes a step before death.

primary school for 1 and 2 years, he tends to take a day off from school due to self-addiction or a cold, and when he was in 4th grade, he suffered from hilar lymphadenitis, her body became badly attentive and her teacher was often scolded.
The weak constitution and the color was pale, his  nickname was “candle” “Aojiro”.

In 1945 (Showa 20) it caused bronchitis and caused symptoms of dizziness and hyperthermia, as I moved from my mother who had been asleep with a cold.

It will be noticed again that we are transmitting weak childhood that we can not imagine from the macho body of later years.

And I think that it can be said that it was easy to suffer from respiratory troubles due to long legs.

(As an aside,  Hosono Haruomi remembers the word being told that it says something like “I can create because there is distortion of the body so I can not create it when the distortion disappears.” Complexes and unfilled Yukio Mishima was a literary means to solve your mind?

I am hoping for Mr. Mishima to appear as a model of the relationship between long legs and diseases today, but let’s see how long this right foot is influenced in my life.

Due to the action that is repeatedly and unconsciously carried out every day, the distortion of these bodies gets bigger and bigger, and when the age at which the muscles become weak, the balance collapses extremely and various diseases develop.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中