転倒と体の歪み

ofuro_tentou
臨床例からです。

「転倒してから、急に握力も無くなってきた」

別に手をぶつけたとか骨折したわけではないのに、転倒と握力には関係が有ると思いますか?

こちらの方の主訴は転倒時に打ち付けた右膝の痛みから始まり、右鼠蹊部まで痛みが広がってきて左腰痛も感じるようになった、と言うものですが、他にも左耳の耳閉感、肩こり、とどうも転倒後から色々な不調が始まっている。
病院の検査では何とも無いと言われた、という事でした。

私の診断では、転倒時に右の股関節を捻じってしまい、股関節が支点を失ってしまっているようにブラブラしている感じがします。

起立時は右骨盤高位これにより、鼠蹊部痛、腰痛は右の股関節転位によるものと分かりました。
そして股関節周りの筋肉に引っ張られて猫背、前肩になり左耳の問題、握力の問題も連鎖的に起こっているものと判断できました。

この様に転倒など事故による外傷は打ち付けた場所だけの問題では無く身体全体に影響が出ます。
ですから「転倒したらなるべく早くご来院ください」と患者様方にはお伝えしています。

で、どうしてこのように対角線、つまり右股関節の問題が左肩に起こるのでしょうか?
ちょっと前にも図による解説をしましたが、筋膜等のつながりも含めて重力下でのバランスの問題なのです。
要図 右

重量が体に与える影響は絶大です。

どうすれば転倒しない様に体のバランスを取るか?

重力に負けずに地上に2本足で起立する。

これは身体にとっては至上命題です。

ためしに右脚だけ爪先立ちになって見てください。
(これにより右骨盤高位の状態が作れます)

そして、上半身を捻じる様にして、右肩を前方に突き出してみてください。

次に左肩を同様に身体ごと捻じる様にして前方に突き出してみてください。

どちらが体が安定しますか?
どちらの方がバランスがとれているでしょう?

これだけ体には全体性が備わっていて、それにより転倒で膝を打ち、股関節がずれたから左肩が前方に出てしまい、耳の問題、握力の問題と、歪みが連鎖してしまったのです。

これを部分的に肩をもんで治りますか?

It is from a clinical case.

“After a fall, suddenly grip strength has gone away”

Do you think that there is a relationship between falling and grip strength though it was not broken hands or broke?

The main complaint of this person started saying that pain started from the pain of the right knee hit at the time of falling and pain increased to the right inguinal region and left lumbar pain was also felt, but besides, the sense of ears closure of the left ear, Stiff shoulder, and so on and after various falls have begun.
It was said that there was nothing in the examination of the hospital.

In my diagnosis, I twisted the right hip joint when I fell down and I feel like I’m hanging like a hip joint has lost its fulcrum.

Right pelvis high when standing Up With this, we found that inguinal pain, low back pain was due to right hip joint dislocation.
And I was able to judge that it was pulled by the muscles around the hip joints, stooping backwards, becoming a front shoulder, left ear problem, grip strength problem also occurring in a chain.

The trauma caused by an accident such as falling like this is not a problem only of the place where you strike it affects the whole body.
Therefore, we will inform the patient “If you fall, please come to the hospital as soon as possible”.

So, why does this diagonal line, the problem of the right hip joint, occur on the left shoulder?
Although I explained the explanation by the figure a while ago, it is the balance problem under gravity including the connection of the fascia and the like.

The effect of weight on the body is tremendous.

How do I balance the body so as not to overthrow?

Stand up with two legs on the ground without defeating the gravity.

This is an essential proposition for the body.

Try looking at the forefoot only on the right legs.
(You can make a state of the right pelvic higher by this)

Then, try to twist the upper body, please protrude the right shoulder forward.

Next, please try to twist the body like the left shoulder and protrude forward.

Which stabilizes the body?
Which is more balanced?

As much as this is equipped with totality, which caused the knees to strike with a fall, the left shoulder coming out forward as the hip joint shifted, problems of ears, grip strength problems and distortion were linked.

Do you partially get rid of your shoulders?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中