右脚の長さと、心臓との関係!! 

礒谷公良先生の動画です。

解説しますと、先生が右の股関節を内転矯正しました。
女性の患者さん(たぶんなのですが先生の患者さんでダンサーかバレリーナで、先生の本のモデルさんも務めていらっしゃる方だと思います)は礒谷療法を良くご存じななので、矯正後自分で右前方にお辞儀をしてさらに右股関節を内転させ、右骨盤高位により起こっている背骨の左側弯を上半身を右に捻じることにより元に戻したのです。
そして、再び心電図を付けると不整脈の波形は完全に消失しているのです。
(礒谷療法では右脚が長くなると、循環器、呼吸器に問題が起こると考えています)

私が礒谷療法総本部に勤務していたころ、よく先生の逸話を先輩や長く通われていらっしゃる患者様からお聞きしました。

「ある時、一人の患者さんが胃が痛いと訴えて、先生が股関節をサッと矯正すると、あまりに簡単に痛みが取れたので、その方が先生に『たまたま痛みが治まっただけでしょ』と言うと先生はそれじゃとばかりに左の股関節を外転させると、又痛みが現れて、さすがに疑り深いこの方も信用せざるを得なかった」という事で、先生は痛みを出すのも消すのも自由自在!!

私は直接は見ていないのですが、この動画を見ると信じられますね。

先生はこの方法をで世界を救いたいと考えていらっしゃったのです。
ですから晩年は精力的に国内委はもとより、アメリカ、中国で講演をされたり、このビデオを作られたりしてこの方法の正しさを証明されていたのではないかと思います。

ダ・ヴィンチは「真理はシンプルになる」、と言ってますが、まさにこの股関節矯正は身体の歪み、疾患を完全にとらえ説明し、どうすればいいかを教えてくれています。

『身体は病気を治す万能薬の製造工場である』と先生は言われてます。

いろいろな治療法を試したけれどなかなか治らない、と言う方はもしかしたら身体が歪んだままなのではないでしょうか?
股関節がずれたままだと、何をやってもロスが大きいですよ。

It is a video of Professor Masaya Kotani.

Explanation, the teacher corrected the inferior joint of the right hip joint.
A woman’s patient (probably a patient of a teacher, a dancer or a ballerina, I think that he is also a model manager of a teacher’s book) I do not know well about Isogai therapy, so after correcting myself right I bowed forward and further rotated the right hip joint and restored the left kid of the spine caused by the right pelvis high by twisting the upper half of the body to the right.
Then, once again with an electrocardiogram, the waveform of the arrhythmia has completely disappeared.

When I worked at the general headquarters of Yodani therapy, I often asked the teachers’ anecdotes from my seniors and long-running patients.

“At one time, when one patient complained that the stomach hurts and the teacher corrected the hip joint quickly, it got pain so easily that he said to the teacher,” It just happens that the pain has subsided, right? ” The teacher had no choice but to trust even this suspicious person as he got a pain in the left hip as soon as it went downwardly “, so that the teacher can not pain or erase it freely! !

I have not seen it directly, but I can believe it when I see this movie.

The teacher wanted to save the world with this method.
So I think that in the later years I was energetically proving the correctness of this method by giving lectures in domestic commissions, in the United States, China, and making this video.

Da Vinci says that “truth is simple”, but exactly this hip joint correction explains the distortion and disease of the body perfectly and tells us what to do.

“The body is a manufacturing factory of a panacea that cures disease”, the teacher said.

Those who tried various treatments, but they do not get cured easily maybe their bodies are still distorted?
If the hip joints are staggered, no matter what you do, the loss will be great.
We must treat the whole, not the part

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中