肩の高さ、前への出方の差。 体の歪み。

right kata
最近頻繁にご紹介しています、礒谷公良先生の要図です。
これは右脚が長い人のパターンを説明したものです。
右脚が長い事により、右の骨盤が押し上げられ、背骨が左に側弯してバランスを取っている状態が説明されています。

この時、体は右の骨盤が上に、前方に転移することに対してバランスを取るために、左の肩が上がり前に出るのです。

アナトミートレイン|SPL|スパイラル・ライン kata

筋膜の状態を解剖して確認したアナトミートレインの図です。
この本が世に出たのがアメリカで2001年、日本では2009年に日本語版が出版されています。

いかがですか?
身体を縦横につなげている筋膜の繋がりのうちのスパイラルラインがちょうど太ももの外側から反対の肩に向かって伸びていますよね。(アナトミートレインの図の黄色のラインです)

礒谷先生はこの繋がりを患者様の観察、洞察で約70年前に理解されていたんです!!

ですから、この図にある様に右脚が長い人は、左の腕、左の肘、左の首に痛みやトラブルが起こり易いという事に合なります。

そして、こうした上半身のトラブルもこうしたつながりで起こるのですから、必ず股関節、骨盤の矯正で治療できるわけです。

それは、私たちは重力の影響をものすごく受けていますから、必ずベースになる部分の転位を治さないとその上を治しても、又すぐに元どうりになってしまうのです。

そしてそのベースになる部分とは股関節なのです。

足首や膝の方が股関節より下にありますが、それらの関節は転位しても骨格全体に影響を与えるほどの長さやねじれは生みません。

股関節は太ももの骨と、骨盤を繋げている関節ですから、その周りの筋肉の状態にアンバランスが起こると骨盤を歪めて足の裏から骨盤の上までの長さに差を生じさせてしまうのです。

そして、厄介なのは股関節周りの筋肉群は非常に強力だという事なのです。
スパイラルラインのつながりの中でも太ももの部分の筋肉が強さも体積も大きいので筋膜へ与える影響でもやはり大きくなるのです。

とにかく重力の影響を考え土台から治療していく、これが力学療法なのです。

It is a key figure of Mr. Kadaru Ushidani which I introduce frequently recently.
This is a description of the pattern of a person with a long right leg.
The condition that the right leg is long, the right pelvis is pushed up, the spine is curved to the left and balanced, is explained.

At this time, the body is balanced against the right pelvis moving up, forward, the left shoulder goes up before going out.
Iral Line

It is a picture of an anatomy train confirmed by dissecting the state of the fascia.
Japanese version has been published in 2001 in the United States when this book came out and 2009 in Japan.

How is it?
The spiral line out of the fascia linking the body vertically and horizontally just extends from the outside of the thigh towards the opposite shoulder, right? (It is a yellow line of the figure of the anatomy train)

ProfessorIsogai was understanding about this connection about 70 years ago by patient observation, insight! !

Therefore, as shown in this figure, a person with a long right leg is suited to the fact that pain and trouble are likely to occur in the left arm, left elbow, left neck.

And these upper body troubles also occur with such a connection, so you can always treat with hip joints and pelvic corrections.

It is because we are receiving the influence of gravity so much that even if we repair the dislocation of the part which becomes the base without fail, we will soon become the source again.

And the base part is the hip joint.

Although the ankle and knee are below the hip joint, those joints do not produce enough length and twist to affect the entire skeleton even if they are dislocated.

Since the hip joint is a joint connecting the thigh bone and the pelvis, if an imbalance occurs in the state of the muscles around it, it will distort the pelvis and cause a difference in the length from the back of the foot to the top of the pelvis is.

And what’s troubling is that muscle groups around the hip joint are very powerful.
Even among the connections of the spiral line, the muscles of the thighs also have a large strength and volume, so they also increase in influence on the fascia.

Anyway, considering the influence of gravity, we treat it from the foundation, this is a mechanical therapy.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中