恥骨結合は、ずれるんですか?・・・2

15808086

色々な個所のズレ、しかしそのずれを作っているのは股関節!!                

前回からの続きで、恥骨結合のずれ、ようは骨盤の歪みについてとなります。

そして今日はどうして恥骨結合がずれたかの原因からスタートです。

①生活習慣・・・赤ちゃんの頃から今日まで、習慣にしている動作が有りますよね? 赤ちゃんの右にいつもお母さんがいた、お母さんがいつも赤ちゃんを右に抱っこしていた、椅子に座る時にいつも右脚を組んでいた、背中がいつも丸かった、テレビを見る位置が右からだった、歩く時は右脚から出した、など。

②スポーツ・・・今は外遊びよりスポーツで運動が始まってしまいますが、気を付けないと筋肉の発育にバランスを欠いてしまいます。
③外傷・・・つまずいた、転んだ、骨折、痛みをかばったなど
④出産・・・女性ではやはり出産、育児ですね。 最近は産後の骨盤は常識化してきていますが、まずは出産後なるべく、股関節をずらさない様に過ごす事が大事になります。

おおよそこのような事が原因となって、股関節に外転、内転、内旋、外旋のクセが付くのですが、この癖とは筋肉の偏りなのです。

つまり例えば、このレントゲンの方ですと・・
恥骨1

おそらく、O脚系で右脚の外転度が高いタイプと見受けられます。

つまり筋肉の状態で言うと、太ももの外側の筋肉の緊張度合いが強く、内モモの筋肉が弱いのですが、その度合いが左の方が少ないので、骨盤が左脚側に引っ張られ、右脚に体重がかかりずらい状態になっていると言えます。

この方は歩く時に、体重の乗っていない左足から歩き始め、右脚の歩幅の方が大きくなるのです。
そしてその歩き方により、ますます左右差は大きくなるのです。

動作とは、意識していなければ、おおよそすべて筋肉の緊張のままに動いているのです。

さ~、ここで根本治療とはどういう事か考えてみましょう!!

骨盤ほど大きい骨を動かしてしまうのは何でしょうか?

それは強力な脚の筋肉です。

ですからその筋肉の状態を変えなければ、身体を根本的に変える事は出来ません。

骨盤回りや背中の筋肉を緩ませて、その時には楽になっても、又すぐ元どうり。

治療の後に、歩き方は変わりましたか?
座り方はどうですか?

変わってないとしたら、元に戻っても仕方がないわけです。

とは言え、脚の筋肉はすごく強いので、治療だけですべての状態が変わるわけではありませんから意識的に生活をする必要が生まれるのです。

どういう風に歩けばいいのか?

どういう風に台所でお料理したらいいのか?

どういう風に赤ちゃんに授乳したらいいのか?

そこに、治療の為に一貫した指針が無ければ、どこかでロスが生じてしまいます。

本気で体を治したい方に最適な治療方法がここに有ります。

(産後の股関節矯正で、ただ偏った緊張だけを取り除いて、無意識な偏った動作を続けるとかえって歪む可能性もありますのでどうぞご注意してください)

In the continuation from the previous time, it will be about deviation of the symphysis pubis, or pelvic distortion.

And today it is the start from why the symphysis of the symphysis is shifted.

① Lifestyle · · · There are actions that you are in the habit from baby to today, right? There was always a mother on the right of the baby, my mother always hugged the baby right, when I was sitting in the chair I was always wearing my right leg, my back was always round, the position to watch TV was from the right, walking Sometimes I got out of my right leg, etc.
② Sports · · Now exercise will start with sports rather than outside play, but unless you are careful it will lose balance in muscle development.
③ trauma · · · stumbled, falling, broken bones, painfully etc.
④ Birth … In women it is childbirth, child rearing again. Recently, postpartum pelvis has become common sense, but first of all it is important to spend like not to shift hip joints after birth.

This kind of thing is caused by such things as hips, abduction, inward rotation, inward rotation, outrageous habits are attached, but this habit is biased muscle.

In other words, for example, this is the direction of this X-ray.

Perhaps it is a type with a high degree of outward rolling of the right leg in the O leg type.

In other words, in terms of muscle state, the degree of tension in the outer muscles of the thigh is strong and the muscles of the inner peach are weak, but the degree is lower on the left side, so the pelvis is pulled toward the left leg side, the right leg It can be said that it is in a state of weight being subject to weight.

When walking, walking starts from the left foot without weight and the stride of the right leg becomes bigger.
And the difference between left and right becomes bigger more by the way of walking.

Actually, unless you are conscious, they are all moving with muscle tension.

Therefore, fundamental therapy is the first time balance is restored by exercising exercises to consciously modify the bias of such movement, and to muscle, while eliminating this bias by correcting the hip joint.
So, let ‘s think about what is radical therapy! !

What will move the bones as large as the pelvis?

It is a strong leg muscle.

So if you do not change the state of the muscles, you can not fundamentally change the body.

Loosening around the pelvis and back muscles, and then becoming easy at that time, immediately back again.

Did you change the way of walking after treatment?
How is sitting down?

If it has not changed, there is no choice but to go back to the original.

Nonetheless, the muscles of the legs are so strong that not all conditions change with treatment alone, so we need to consciously live.

How do you like to walk?

How do I cook in the kitchen?

How should I breastfeed a baby?

If there is no consistent guideline for treatment there, loss will occur somewhere.

Here is the best treatment method for those who seriously want to cure the body.

With hip joint correction after childbirth, if you remove just the biased tension, if you continue unconscious and biased movement it may rather distort, so please be careful.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中