恥骨結合は、ずれるんですか?・・・1

恥骨結合って動くんですか?
と言うご質問にお答えします。
ほら、ずれてるでしょ?

恥骨1

赤とオレンジのラインの真ん中の黒い部分が恥骨結合部です。 軟骨はレントゲンに移らないので黒く見えています。       黒色のラインは坐骨の左右のずれをを記しています。

前回、自転車に乗ると恥骨結合がクランク運動により緩むというお話を書きましたが、恥骨結合は関節なので周りの筋肉の緊張で引っ張られれば,ずれてしまうんですよ。
(自転車に乗ったからずれるというお話ではないですよ、念のため)

上の写真ではオレンジの線と赤い線の間にあるのが恥骨結合ですが、上下でずれているのが見れます。
そして、黒い線は坐骨の左右差ですが、骨盤はこの様にずれが生じるものなのです。
right 骨盤線あり
これは礒谷公良先生が70年前に作成した要図と呼ぶ礒谷療法のエッセンスが詰まった図ですが、これには坐骨の高さと脚の長さの関係がしっかりと記載されているのです。

写真と同じですよね。

更にオレンジの丸を見ていただくと、閉鎖孔(レントゲン写真の恥骨結合の左右の三角の黒い部分)の大きさも差がありますよね。

右の方が大きいですね。

これは骨盤の模型を見ながら考察すると一目瞭然なのですが、蝶々の様な大きい骨の腸骨を右を後ろに、左を前に傾けると、この穴の大きさ、つまり右が大きく見え、左の穴が小さく見えるようになります。

どういう事かと言いますと、このレントゲンの方は右脚が長く右の腸骨が後ろに倒れている為に右坐骨が下にあるという状態と言えるのです。

ですから、恥骨結合だけがずれるという事は無く、骨盤全体が歪む事によって起こるのです。

ここで考えなくてはいけないのは、どうしてこのように骨盤が歪んでしまったか?という事です。

そこを考えて、そこを治さないと根本療法にはならないので、問題がいつまでも解決しなくなるのです。

長くなってきたので、その原因は次回にご説明したいと思います。

Does the symphysis combined move?
I will answer your question.
You see, it’s misaligned, is not it?

The black part in the middle of the red and orange line is the pubic joint. Since cartilage does not move to X-rays it looks black. The black line marks the left and right deviation of the ischium.

Last time I wrote a story saying that when you ride a bicycle the pubic bone loosens due to the crank motion, but since the joint of the pubis is a joint, it will be displaced if it is pulled by the tension of the surrounding muscles.
(It is not a story that you will get out of bicycle and you will not be missing, just in case)

In the photo above, it is the pubic symphysis that lies between the orange line and the red line, but it can be seen that it is shifted up and down.
And although the black line is the difference between the left and right of the ischia, the pelvis is what causes this shift.

This is a diagram filled with the essence of Isogai dymamics therapy called YOUZU, a masterpiece created by Mr. Ryotani 70 years ago, but the relation between the height of the ischium and the length of the leg is strictly stated in this figure is.

It is the same as the photo.

Furthermore, if you see the orange circle, the size of the closed hole (the black part of the triangle on the left and right of the pubic joint of the radiograph) also has a difference.

The right one is big.

This is obvious when you look at the model of the pelvis, but if you tilt the ilium of a large bone like a butterfly to the right and the left to the front, the size of this hole, that is, the right appears large, left The hole of the hole will look smaller.

To say what this means, this X-ray is said to have a state that the right leg is long and the right icybone falls behind because the right ilium is falling behind.

Therefore, there is no such thing that only the pubic symphysis is shifted, it occurs by the distortion of the pelvis as a whole.

What I have to think about here is how did the pelvis distort like this? It is that.

Thinking there, if you do not cure it there will be no fundamental therapy, so the problem will not be solved forever.

I think that I will explain the reason for it next time as it has become longer.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中