正座の生活、椅子の生活

003700.smpl
『昔の日本人は畳の生活で坐骨できちんと座れていたが、現代は椅子の生活になったために坐骨で座れなくなった』と言う意見を聞きました。

それでは、日本以外のもともと椅子で生活している人たちはどうなんでしょう?
「坐骨で座れていない」と言われるこの方が言われているのは、猫背で骨盤後傾での座り方を指していると思われますが、椅子で生活している西洋の方々はみなさん猫背でしょうか?

以前にドイツのミュンヘンで私とMUSUBIに日々取り組んでいる、イエンツ先生に聞いた話ですと、ドイツでも若い人たちの座り方が悪くなっていると言われていました。

私のイメージではドイツの方はピシッと背筋を伸ばして良い姿勢をされているイメージが有りますが、骨盤を後傾させた猫背の典型的な座り方になってきているんですね。
ただ、西洋人は筋肉が強いので日本人の様な背中の丸い猫背にはなりにくく顔だけ前に飛び出るような顔猫背が多くなるとは思います。

ですから、椅子であろうが、正座であろうが坐骨をきちんとつけて座る良い姿勢の座り方は出来る人は出来るしできない人は出来ないのです。

さらに言うと正座こそきちんと座らないと股関節にかかる負荷が椅子より大きい為に、股関節にねじれを発生させて、体にダメージを与えかねません。

しかし、逆に股関節にきちんと体重を乗せ、背筋が自然に伸びていれば、あ、ここ非常に大事です!!
背筋は伸ばすんではなく伸びるんですよ。
 そうです、伸びていれば、どこの筋肉にも負担をかけず、モモの前面や足首のストレッチにもなり、最高の座り方、まさに、[正しい座り方]!!となるのです。

以前にも紹介しましたがトンビ座りや割坐は股関節を内側に捻じってしまいますし、膝と膝が離れていれば股関節が開いてしまっています。

割座トンビ足

ザ・トンビ座り

P1010325

足先が開いて膝が内に入っています。 これはさしずめ「椅子トンビ」ですね。

そして肝心の骨盤を起こすためにはモモの内側、内転筋が必要になるのですが、現代人はとにかくこれが弱いのです。

これは子供のころに身体を使って走り回ったり、木に登ったりと言う様な遊びが足りていない事と、歩く量が少ない事によるものだと思います。

そして、内転筋が弱いために歩き方が崩れ、内転筋を使わない歩き方になってしまい、ますます内転筋が弱くなるという悪循環に陥るのです。

椅子にしろ正座にしろ、正しく座らなければ身体にはよくないのです。

“Old Japanese people were sitting properly on the ischium in Tatami’s life, but I was unable to sit on the ischium because the modern day became a chair’s living.” I heard the opinion.

So, what about people who originally live in chairs other than Japan?
It seems that this person who is told that “It is not sitting on the ischium” is said to refer to how to sit on the back of the pelvis with a stoop backwards, but the Westerners living in the chair are all stooped Is it?

It was said that when I talked to Professor Mento, who is working on MUSUBI with Myself everyday in Munich, Germany, it is said that the way young people sit down in Germany is getting worse.

In my image, the German figure has an image stretching the spine and having a good posture, but it is becoming a typical way to sit back with the pelvis tilted backwards.
However, since Westerners have strong muscles, I think that there will be more facial backs that will hardly become a rounded back of a back like a Japanese, and that only faces forward.

So, whether it is a chair or a sitting seat, but sitting with the ischia properly sitting in a good posture is impossible for people who can and can not do.

In addition, if sitting is not properly sitting, the load applied to the hip joint is larger than the chair, causing twisting in the hip joint, which can damage the body.

However, on the other hand, if you put your weight properly on your hip joint and the spine is stretching naturally, here it is very important! !
The spine does not stretch but extends. Yes, if it grows, it will become a stretch to the front of a peach and ankle without putting a burden on any muscles, and the best way of sitting is exactly [the right way to sit]!

Although I mentioned earlier, sit-down sitting and splitting twist the hip joint inward, and if the knee and the knee are separated, the hip joint has opened.

And, in order to raise the pelvis of the essence, inside of peach, adductor reinforcement is necessary, but modern people are weak anyway.

I think this is due to running around using the body as a child, playing like saying climbing a tree, and that the amount of walking is small.

And, because the adductor bone is weak, the way of walking collapses, it becomes a way of walking without using the adductor muscle, and it falls into a vicious circle that the adductor muscle weakens more and more.

Whether it is a chair or a regular seat, if you do not sit properly it is not good for your body.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中