つまずいてから何となく調子が悪い(>_<)

つまずく
「つまずいてから調子が悪い」
「転んでから体調がいまいち」

そんな経験はありませんか?

それは、転んだりつまずいたりしたことにより股関節がずれてしまったのです。

やはり先日患者様が、「転んでからいつもは仰向けで寝れるのに、うつぶせ寝になり、よだれもたれてた。 おなかも張り、右の股関節が内に捻じれ感が有る」とおっしゃり翌日に矯正にお見えになりました。

骨格の状態が良いと仰向けが本来一番楽な姿勢なのですが、歪みが有ると仰向けが苦しくなるんです。 とくにうつぶせ寝が楽な時は股関節が開いてしまったときが多いと思います。

よだれが垂れるのは、骨格の歪みから鼻中隔が歪み息が苦しくて口呼吸になってしまっている為と思われます。(この鼻中隔の歪みこそ、蓄膿症の原因でもあります)

おなかが張るというのは左脚の股関節が開いたことによる症状です。

そして、右の股関節が内に捻じれた感じが有る、と言うのはまさにその通りでつまずいた時に、右の股関節に内ねじれが生じたのだと推測できます。

これらの状態を総合的に判断すると、この方は普段右脚が長い方なのですが、そもそも長い脚がつまずき易いのです。

これは長い脚は、着地した時に脚が余ってしまう=股関節が開いている=モモの前面が緊張している=脚が上がりずらい=スネの外側に緊張が有り足首を上げずらい、と言う特徴があるのです。

これに外荷重なども加わり、長い脚は足首を捻挫し易い等という事も連動して起きやすくなってしまいます。
nenza

礒谷公良先生も「転んだらすぐ矯正に来なはれ」(京都弁)と言われていたそうですが、私も同感です。

転んだり、つまずいた後は患者さんの股関節の状態がかなり変わっていることが多いのです。

“I feel sick after I stumbled.” “I am not feeling well since I fell down.”

Is not such experience?

It was because the hip was displaced due to falling or tripping.

The patient said the other day, the patient said, “I usually fall asleep with my back on my back, after a fall, I was falling asleep, I was falling asleep, I was also leaning, I was hungry, I was hungry, there was a feeling of twisting inside my right hip joint” I saw it.

When the state of the skeleton is good, supine is the most comfortable posture in itself, but if there is distortion the supine suffers. I think that there are many times when the hip joint has opened especially when it is comfortable to relax.

It is thought that drooling droop is due to distortion of the skeleton distorted from the nasal septum and breathing is bad and mouth breathing has become. (Distortion of this nasal septum is also the cause of empyema)

The stomach is stretched by symptoms caused by the opening of the hip joint of the left leg.

And, it can be inferred that inner torsion has occurred in the right hip joint when stumbling on the street, saying that there is a feeling that the right hip joint is twisted inside.

Comprehensively judging these conditions, this person usually has a long right leg, but long legs tend to stumble in the first place.

This is because long legs are left with legs when landing = hip joints are open = peach front is tense = legs do not go upright = there is tension on the outside of the snake and it is difficult to raise the ankle, There is a characteristic to say.

External loads are also added to this, and long legs are easy to sprain and ankle tend to be liable to sprain as well.
Professor Kadaya Kimaru also said that he was told that “If you fall, you came straightening” (Kyoto dialect), I agree.

After falling down or stumbling, the condition of the hip joint of the patient is often changed considerably.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中