月別アーカイブ: 10月 2017

三島由紀夫さんのケースに見る、右脚の長さと身体のクセ。

三島1

◎顔が右に傾いている
◎左の頬が大きい
◎左口角が高い
◎鼻が右に曲がっている
どれも右脚が長く右骨盤高位のバランスを取るための脊柱の歪み、頭がい骨の歪みの結果が顔に現れたのです。
ここで、この体の歪みが三島さんの健康にどういう影響を与えたのかをwiki から抜き出してみました。 続きを読む

広告

指先のしびれ。

指のしびれ
指先がピリピリしびれるという症状の方がいらっしゃいます。
様々な原因が有るでしょうがおおよそ下記の様な疾患が関係しているというのが一般的なようです。
①指神経麻痺 ②手根管症候群 ③胸郭出口症候群 ④頸椎の疾患(事故や手術等のケースを除く) ⑤自律神経失調症 ⑥糖尿病 ⑦脳梗塞などの脳疾患
続きを読む

転倒と体の歪み

ofuro_tentou
臨床例からです。

「転倒してから、急に握力も無くなってきた」

別に手をぶつけたとか骨折したわけではないのに、転倒と握力には関係が有ると思いますか?

こちらの方の主訴は転倒時に打ち付けた右膝の痛みから始まり、右鼠蹊部まで痛みが広がってきて左腰痛も感じるようになった、と言うものですが、他にも左耳の耳閉感、肩こり、とどうも転倒後から色々な不調が始まっている。
病院の検査では何とも無いと言われた、という事でした。
続きを読む

土踏まずと歩き方。

gatag-00006439
先週末の『世界で一番受けたい授業』で、足の裏、土踏まずと歩き方のお話の時の事です。

若いタレントさん(すいません、芸能関係疎いので歌手の方かもしれません)が「僕、学生時代にバスケをしていたので偏平足なんです。 バスケをすると偏平足になると聞いたことが有るんですが?」と先生に質問すると、先生は「? 聞いたこと無いですね~」 続きを読む

右脚の長さと、心臓との関係!! 

礒谷公良先生の動画です。

解説しますと、先生が右の股関節を内転矯正しました。
女性の患者さん(たぶんなのですが先生の患者さんでダンサーかバレリーナで、先生の本のモデルさんも務めていらっしゃる方だと思います)は礒谷療法を良くご存じななので、矯正後自分で右前方にお辞儀をしてさらに右股関節を内転させ、右骨盤高位により起こっている背骨の左側弯を上半身を右に捻じることにより元に戻したのです。 続きを読む

肩の高さ、前への出方の差。 体の歪み。

right kata
最近頻繁にご紹介しています、礒谷公良先生の要図です。
これは右脚が長い人のパターンを説明したものです。
右脚が長い事により、右の骨盤が押し上げられ、背骨が左に側弯してバランスを取っている状態が説明されています。

この時、体は右の骨盤が上に、前方に転移することに対してバランスを取るために、左の肩が上がり前に出るのです。
続きを読む

左右の足の大きさが違う~! 左右の足の幅が違う~!! ノ~プロブレム!!!

left 脚の状態

これは左脚が長い人の図です。 斜線部分に体重がかかっています。

脚の状態を記した、礒谷公良先生の作成された要図の脚の部分を抜き出しました。

足の大きさが左右で違う人は実はすごく多いのです。

靴のサイズで0・5~1・0㎝位の差は結構いらっしゃるのではないでしょうか?
続きを読む