8か月歩くのに苦労しています。・・ずいぶん前のネット上でのご質問に割り込みます(失礼)

悪い姿勢
48歳男性です。
昨年から、歩きづらい症状が続いています。
色々、受診しましたが、原因不明で手詰まりました。
どなたか打開策がございましたら、教えてくださいませ。

とネットでアドバイスを求めている方なのですが、残念ながら期限が切れて投稿できないのでこの場で私のアドバイスを書かせていただきます。


◎印がこの方の訴えで、それに私が答える形にしました。

◎症状は腰付近に力が入らない感覚で、パソコンが入ったバッグの重さも耐えられません。

骨盤後傾により股関節に体重がかけられていないと思われます。 ご自分の体重さえもてあましている状態でしょうから、それ以上に負荷をかけるのがきつそうですね。
猫背 骨盤後傾

◎主に股関節付近がこわばって足が前に出づらく、腰を折って前かがみにならないと進まなくなります

股関節が開きすぎにより骨盤が後傾しています(アンサーにもありましたが股関節の亜脱臼、要は股関節がずれてる状態)、重心が後ろにあるために腰を折って重心を前に戻さないと前方への歩行がきついのです。

直立状態では段々、膝が落ちてきて腹が出っ張る格好になります

典型的な骨盤後傾の姿勢ですね。 きっとこれまでも姿勢の悪さを指摘されてきているのではないでしょうか? 40歳代になって、運動不足や老化で筋肉の強いところ弱いところの差がますます差が大きくなってきたことにより骨格が歪み、神経の圧迫なども起こっているのだと思います。

無理やり直立不動で歩こうとしているせいか、鎖骨左上(みぞおち付近)と、背骨の下の方が打撲みたいな痛みが出てきて、足の付け根がムズムズする感じです。

鎖骨左側の痛みなので、右骨盤高位によって起こっている症状ですね。 この方は甲状腺の問題もおありになるようなのですがこれも右高位により起こる問題ですから、まず右脚に重心をかける事も必要です。
背骨の下の方の痛みは、骨盤後傾を無理に伸ばすために筋肉が悲鳴を上げているのだと思います。 骨盤後傾は背中の筋肉の問題では無く脚の筋肉の問題なのです

最後に私のアドバイスは、是非股関節の矯正を受けられることをお勧めいたします。

ご自分でも脚のつけ根に・・、とか股関節に・・・、と言われてますよね。

もしまだこの問題が解決されていなければコメントからご連絡いただければアドバイスさせていただきます。
お大事にお過ごしください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中