錦織選手へ。 是非根本治療を!お待ちしております。

2974225600_a53828c549
当院の患者様で、大のテニス好き&錦織選手好きの方に、「手首はこちらでは治らないの?」と聞かれました。
プロスポーツ選手だろうと、一般の方であろうと体の構造には変わりありませんから、もちろん歪みからくる部分に関しては治すことはできると思いますし、これが体に良い使い方ですよとアドバイスはできますが、スポーツは健康になるためにやっているわけではないので、それやったら身体にやばいですよ~と言う動作を行うのは仕方がないですよね。

ただ、筋肉の特性は『今休んでいる筋肉が、次の瞬間に使える』の大原則が有りますから、常に身体がニュートラルになっていた方が筋肉は最大限使える理屈になります

ですから、一流と言われる選手はみなさん体のバランスが非常にいいのです

座っている時にだらしなく骨盤寝かせて座っているトップアスリートってみたこと無いですよね。

スマホ姿勢の悪さ

トップアスリートでこの姿勢で座っている人ってイメージわかなくないでしょうか?

錦織選手もやはり体のバランスは最高なのですが、今回は身体の不調の原因を探るために、色々写真など見てみました。
競技中の写真が多く、リラックスした時の写真はなかなか見つからなかったのですが、試合後ファンにサインをしている時の写真が見つかりました。

錦織4

さすが、世界の人気者!

この写真はたまたまかもしれませんが、この立ち姿から言えているのは、右脚重心で立ち、左足先がかなり開いるがモモはそれほど外に開いていない、右骨盤が前に出ている、と言うアンバランスポイントです。

この3点を総合して推測できるのは、錦織選手は左脚が長いのに右骨盤が前方に出ている混在型ではなかろうかという事です。(通常は長い脚側の骨盤が前方にも出易いのです)

そして、次にお顔の写真を見てみましょう。
錦織3

鼻筋は左に湾曲、耳の高さは左が高い(顔が右に傾いている)、口角の左が高い、左顎が大きい
1錦織

別の写真だと、口角と顔の傾斜しか確認できませんが、肩の高さに差がありますね。

なかなか男前ですね!うらやましい!

写真では実際の身体の歪みを見るのは難しいですが、おおよそ以上の様な身体の歪みが見れます。
そしてこの身体の歪みとは筋肉の偏った左右差に他なりません!

そして、礒谷公良先生の発見された体の歪みの連動を図示した図を見ると、左脚の長い人は右腕、右手首にもトラブルが起こり易いと有りますから、当院の様な体の歪みの根本から取り除く矯正と体操を治療に取り入れたら治るのも早いのではないかと考えるしだいです。

多くの治療は部分的な治療に終始して、身体の根本的な歪みを取り除くという事には着目していませんから膝の手術をしたら、足首がトラぶって、腰がトラぶって引退が早まったとか聞きませんか?

そうした多くの事例は痛みだけを取り除く対処療法の弊害なのです。

当然プロなのですから、痛みを早く取り除くことは必須ですが、根本療法も併せて取り入れれば鬼に金棒だと思いますよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中