暑くて外を歩けない~、と言う時こそ室内で屈伸!

P1010567
熱中症には、水だけ取っていればいい、と言うわけではないと何回も書いてきましたが、その問題の本質は代謝の異常なのですから、やはり食事、水分、睡眠等と同時に運動も必要です。

とは言え、この暑さの中でご高齢の方など無理に歩いたりしたら、それこそ熱中症になってしまいかねませんよね。

しかし、老化は脚からと言う通り、歩かないとてきめんに足の筋肉は弱くなってしまうのもまた事実なのです。

ではどうすればいいのか?

その理想的な答えが屈伸運動なのです。

なぜ屈伸運動がそんなにすぐれた運動なのか?

それは、緊張してしまった強い筋肉をストレッチしつつ、弱い筋肉を強化する、と言うスーパーな働きがあるからなのです。
皆さんは、他にそういう運動をご存知でしょうか?

もしご存知の方がいらっっしゃいましたら是非教えてください。

右脚の外側の筋肉を緩めて、内側の筋肉を鍛えて、左脚は右ほどではなく外側を緩める…などと言う運動がいっぺんに出来るなんて他にありますかね?

ヨガや自彊術、ストレッチ体操など緩める事に秀でた物はいろいろあると思いますが、特定の筋肉を鍛えれ事ができるっていうのがすごいところなんです。

そしてこの運動は場所を選びません。
安定する為に、壁や窓など軽く手を触れられるところが有れば理想的ですが、無くても形さえ守れば効果を得る事は出来ます。

この屈伸運動は歩く事より10倍良いと言われます。
それは、歩くのは自分の得意な歩き方になってしまうために、得意な筋肉だけで歩いてしまい、筋肉の強弱がさらに強くなってしまう可能性が有りますし、路面は常に真っ平らではないので、その影響を身体が受けてしまう事も考えられるのに対して、屈伸は足の位置を特定の位置に固定することによって、鍛える筋肉緩める筋肉を特化した運動が出来るので、やればやるだけ体の歪みが整うのです。

夏バテ、熱中症予防にただゴロゴロしていては、筋肉が弱くなりかえって良くありません。
きちんと水分補給しながら、冷房の効いた部屋で屈伸、屈伸!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中