胃下垂の原因。

胃下垂
連日暑い日が続いていますね。
しっかりと体調管理をして過ごしましょう!!

先日栄養関係の本を読んでいたら、胃腸病の項目に「胃下垂は病気ではありません。 胃が下がった状態で無力体質(きゃしゃな体格、神経質な性格、自律神経の不安定)によるものです」と有りましたが、どうでしょう?

神経質な人がみんな胃下垂ではないし、きゃしゃな体格でも下垂してない人はいますよね。
原因が分かっていないからこういう乱暴なくくり方になってしまう典型ですね。

では、その原因は何でしょう?

胃下垂の一番大きな原因は『猫背』です!!

以前の患者様で、リュウマチの方が1年間で十数㎝身長が縮んでしまったという方がいらっしゃいました。
その方が、レントゲンを撮ったら、肺が骨盤の中まで落ちていたそうです。
当然胃も下垂して、小腸などは癒着して、ご飯も少し食べると詰まって痛む、と言う状態でした。
(この方も、一生懸命体操などに取り組まれ、少しづつお元気になられました)

O脚により猫背になり骨盤が後に倒れて上を向いた状態になるから内臓が下に落ちてくるのです。
骨盤_r1_c1
ちなみに、腹筋などの筋力不足が胃下垂の原因と言われますが、それも脚の筋肉のバランスの悪さから骨盤が後傾して、猫背になる事により腹筋が硬縮することにより、腹筋が使えなくなっていることが問題なのです。

また、さらに左脚が長いと背骨の湾曲により胃そのものにも圧迫が起こりますし、脊柱から出ている自律神経にも圧迫が起こりトリプルパンチでダメージが加わってしまうのです。

たかが姿勢、されど姿勢なのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中