椅子の良しあし。

椅子は色々なデザインが有り、また人により好き好きが有り、そのチョイスには個性が出ますよね。

先日、ある患者様がイギリスのアンティックの教会の椅子を買われたとの事なので、その写真を見せていただきました。
同形の椅子の写真はこの様なものです。
教会の椅子1
これは新しいもののようですが、背もたれの後ろに聖書を入れるボックスが有るので、ちょっと新聞を入れたり出来て便利そうですよね。

そして、そのお半死を聞いて直後に偶然、西荻窪で大変お世話になっているお茶屋さんアスカさんにお邪魔した時に偶然同じタイプの椅子が有り座らさせていただきました。

座り心地もなかなかいいのですが、やはり日本人にはちょっと座の奥行きが深いんです。
本来、教会で長い時間でも楽に座っていられるようにデザインされていると思いますが、やはり西洋の方のサイズに合わせてで出来ているんでしょうね。

そうすると気を付けて座ってないと、背もたれによりかかった時にどうしても骨盤が滑り落ちてしまうかっこになり易いのです。

O脚写真

O脚無料写真で検索していたら、衝撃的な写真が! 真ん中の子がO脚の進んだ状態です。 良く見かけますよね?

以前にも紹介した写真ですが中央の子の様に骨盤が前方に滑ってしまうんです。
これは、猫背、O脚の特徴でスカラ、気を付けていないと皆さんに起こる可能性が高いのです。

ですから椅子を選ぶ時にはデザインだけではなく、自分の体形に合わせてきちんと座れる椅子を選んでください。
私のお勧めは、同じ教会の椅子で見つけました・・
教会の椅子2
くつろげなさそ~、と言う声が聞こえてきそうですね(>_<)

これなら、写真の骨盤が滑って座ってる子も、骨盤を立てるしかない、ですよね。
じゃないと座れませんよね。
ちょっと極端なチョイスかもしれませんが、最近長時間座ってお仕事をされる方で、バランスボールに座ってお仕事をされるというのも同じ理由なのです。
ボールの上で重心を真ん中にしないと転がってしまうから、しっかりと骨盤を立てて座らざるを得ないから腰に良いんです。

椅子から立ち上がる時に、「う~ん、腰が・・・・」と言う方は座り方が悪く骨盤が寝て背中が丸いから腰に負担をかけている証拠です。

基本は骨盤を立てて、膝を離さず、足裏を地面につける、です。
正しく座るのは腰痛ばかりではなく膝痛、股関節痛の方をはじめ、みなさん全ての健康と関係していますよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中