あなたは左右どちらの腕からシャツを着ますか?・・・症状編

リュックを背負う

この様に、片側の肩に背負うのも、だいたい初めに腕を通す方の肩になり易いです。

前回のブログで、シャツの袖には長い脚の反対側の腕から通すんです。 と書きましたが、今日は、ではその場合どういう症状が起こるのかをご説明します。

あ、シャツだけではなくリュックを背負う時でも同様ですから、まずはご自分のクセを確認してみてくださいね。
反対から背負うのに違和感が大きければ、それはくせではなく体の歪みの可能性が大きいのです。

でもまず、長い脚の反対側から袖を通すのか、もう一度。

筋膜のつながりは身体の機能として備わっています。
その内の一つにラセン線と言われるラインが存在します。
ダヴィンチ
スネ、モモの外側を通り、腹筋を斜めに横切り反対側の方の下につながっています。
前回も説明しましたが礒谷先生はこれを臨床における人間観察で70年前に発見されていました。

今回は右脚が長く、左肩が前に引っ張られている方の特に上半身に起こる例をご説明します。

左肩こり、左首の痛み、左の腕のしびれ(胸郭出口症候群、頚腕症など病名は様々付くかもしれませんが、要は筋肉の緊張による神経の圧迫です)、左指の腱鞘炎・ばね指、へバーデン結節、手首の痛み、肘の痛み、左目の痛み、左目の視力低下、左側に起こる偏頭痛、左鼻のつまり・蓄膿症などです。

また、美容的には、口角は左が上に上がる、右目が大きい、鼻筋は右に曲がる、右のほっぺたが大きい、首が右に傾いている、などが起こります。

身体は重力の中で常に倒れないようにバランスを取るので、この様な事が連続的に起こるのです。

どれか該当がありましたら、体の歪みを全体から治すことをお考えください。
対処療法で、その場しのぎをしていても、痛みは消えても問題は残ったままなので、将来のトラブルの原因になるかもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中